土器ってナンダ?縄文時代の方法で土器をつくるワークショップが開催

エリア
タグ
土器ってなんだ
土器ってなんだ

縄文時代と同じ方法で土器を作ろう

【参加費(全3日)】大人7,500円・大人+子供(小3以上)10,000円
【募集人数】約15名
【締切】2019年11月15日(金)
【WS日程】
・薪集め:2019年11月23日(土・祝)
・作陶:2020年3月1日(日)
・野焼き:2020年4月4日(土)
【Webサイト】https://sogikura.localinfo.jp/posts/7132705
【問合せ・申し込み】曽木くらしのしるべ実行委員会(担当・加藤) sogikura@gmail.com
※メールに、件名を「土器WS申し込み」として、[1.氏名 2.参加人数 3.電話番号]記入の上、 申し込みください)

「土器ってナンダ?」

そんな問いかけをテーマに、土器にまつわるあらゆる疑問を解決するワークショップが、岐阜県 土岐市にて開催されます。

美濃焼の産地でもあり、多くの陶芸家が暮らす岐阜県土岐市。昨年11月、このエリアで活動する作家たちが中心となり、クラフトイベント「第一回 曽木くらしのしるべ」が開催されました。

その「曽木くらしのしるべ」実行委員会が主催する今回のワークショップ。「縄文時代と同じ方法で土器を作ろう」ということで、薪集めから作陶、野焼きまで、全3日にわたって土器を作っていく本格的な内容になっています。

薪集め
初回は「薪集め」から

土器の作り方だけでなく、使い方も学ぶため、実際に「煮炊き」を行う予定もあるそう。講師には、多治見で活動する作家の鴻義成さんを迎えます。

古代の知恵がつまった土器の魅力を味わいつくすワークショップ。本当に貴重な体験になると思います。興味がある方はぜひ、詳細をチェックしてみてください。

野焼き
焼成は野焼きでおこなう

縄文時代と同じ方法で土器を作ろう

【参加費(全3日)】大人7,500円・大人+子供(小3以上)10,000円
【募集人数】約15名
【締切】2019年11月15日(金)
【WS日程】
・薪集め:2019年11月23日(土・祝)
・作陶:2020年3月1日(日)
・野焼き:2020年4月4日(土)
【Webサイト】https://sogikura.localinfo.jp/posts/7132705
【問合せ・申し込み】曽木くらしのしるべ実行委員会(担当・加藤) sogikura@gmail.com
(※メールに、件名を「土器WS申し込み」として、[1.氏名 2.参加人数 3.電話番号]記入の上、 申し込みください)