安野モヨコの人気漫画『オチビサン』連載10周年を記念して「オチビサン展 at 鎌倉『アンノ邸』」を開催

エリア
タグ
%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%8e%e9%82%b8

漫画家・安野モヨコの作品『オチビサン』の連載10周年を記念して、2017年5月にオチビサンの原画展「オチビサン展at鎌倉『アンノ邸』」が開催されます。

『オチビサン』の舞台は、鎌倉のどこかにある小さな町、豆粒町。仲間たちと一緒に、オチビサンは毎日遊びに大忙しです。オチビサンと仲間たちが繰広げる、あたたかい日常。春はお花見、夏は海水浴、秋はもみじ狩り、冬はお鍋‥‥四季の移り変わりを、柔らかいタッチとどこか懐かしい色彩でつづった作品です。

初公開の『オチビサン』原画やポショワール技法で描かれた原画を展示

今回の原画展では、『オチビサン』最新刊8巻から初公開される原画や、画集『蔦と鸚鵡』で掲載されている、『オチビサン』と同じ着彩方法のポショワール技法で描かれた美人画や植物画などの原画、ポショワールの型紙や道具が展示されます。また、複製原画や文具・小物などのオチビサン公式グッズも会場にて販売いたします。

入場チケットは“オチビサン題字”を栞にした特別仕様

入場チケットは、安野モヨコが連載用に描き下ろした“オチビサン題字”を栞にした特別仕様。春・夏・秋・冬の四季折々のイラストが描かれた4種類のうち、1種類を入場時にランダムで手渡されます。どのイラストのチケットがもらえるかは、当日のお楽しみ。

※画像はイメージです
※画像はイメージです

会場は鎌倉「アンノ邸」

「オチビサン展」の会場となるのは、オチビサンが生まれ、描かれている鎌倉市内の「アンノ邸」。和洋折衷の古民家である「アンノ邸」に住むまでのいきさつは、安野モヨコによる、カントクくんとロンパースの結婚生活をテーマにしたエッセイ漫画『監督不行届』にも描かれています。

また、今回の展示では、『オチビサン』の作中で描かれていた植物が住んでいる庭や、安野モヨコが『オチビサン』執筆中に参考にしていた蔵書なども実際にご覧いただけます。ぜひこの機会に、鎌倉を訪れてみてはいかがでしょうか。

オチビサン展 at 鎌倉「アンノ邸」

期間:2017年5月23日 (火) ~5月29日 (月)
時間:平日13:00~18:00/土日11:00~18:00
場所:鎌倉アンノ邸 ※海蔵寺 (神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目18-8) 手前/鎌倉駅から徒歩15分。入口にオチビサンの看板があります。
料金:大人(中学生以上)200円、 小人(小学生)100円 ※未就学児は無料
主催:株式会社カラー/株式会社グラウンドワークス(まめつぶ屋)
企画協力:コルク

※会場に駐車場はございません。お車でのご来場はご遠慮ください。
※会場内では、注意事項をお守りいただいた上で、携帯電話やスマートフォンでの撮影が可能です。
※会場は住宅街にありますので、会場付近での大声での会話、会場家屋(近隣も含む)の外観の撮影はご遠慮ください。また、ご入場前にお並びいただく場所がありませんので、開場時間に合わせてお越しください。