安野モヨコの『オチビサン』と考える 日本の工芸 第4弾「 オチビサンの卵焼き器」発売のお知らせ

エリア
タグ

漫画家・安野モヨコさんの作品『オチビサン』と中川政七商店がコラボレートし、漫画の世界観と日本の工芸を掛け合わせた商品開発プロジェクト。

第1弾・鎌倉彫、第2弾・寄木細工、第3弾・あけび蔓細工とこぎん刺しに続く第4弾では、東京の下町・足立区にて4代にわたり銅器製作を続ける老舗、中村銅器製作所と共につくった「オチビサンの卵焼き器」を発売します。

柄は中村銅器2代目が築地の寿司職人と共同開発したもの。角度が付いているので卵を巻きやすく使いやすくなっています。
銅製フライパンの側面には、オチビのシルエットが刻印されています。
柄の部分にはオチビサンの”家紋”が入っています。

「オチビサンの卵焼き器」は、純度の高い銅板に一つ一つ手作業で錫(すず)を焼き付けた、四角い卵焼き器。オチビサンのシルエットの刻印や、柄の部分にオチビサンの家紋がついた限定仕様。鉄やステンレス製のものと比べ熱伝導性と保温性に優れており、まんべんなく火の通った、ふんわりして味もまろやかな卵焼きを作ることができます。

「オチビサンの卵焼き器」

受注期間:2017年7月2日(日) 20:00 ~ 7月31日 (月)
オチビサン公式サイトにて完全受注販売
https://ochibisan.com/lp/tamago
※受注生産商品のため、9月以降のお届け予定となります。

価格:8,200 円 (送料無料)
素材:銅 (内側部分錫焼付)、木材
サイズ:約12cm× 約16cm
銅の厚み:約1.5mm