人間国宝・芹沢銈介の型絵染がハンカチやてぬぐいに。金沢で展示販売を開催

エリア
タグ

金沢のギャラリーショップ&カフェ、コニーズアイにて、8月5日(土)から芹沢銈介(せりざわ・けいすけ)の雑貨の展示販売が始まっています。

芹沢銈介は、20世紀の日本を代表する染色工芸家。型染めの技法を発展させ、独自の型絵染めを完成させた人間国宝です。これまでに着物、本の装丁、カレンダー、看板や照明デザインなど、幅広い分野で新たな表現を生み出しました。その多彩な美の世界は「類に稀な芸術の高み」と絶賛され、今や世界の“SERIZAWA”として名を高めています。

芹沢銈介の手がける型絵染は、沖縄で学んだ紅型(びんがた)の影響を受けた力強く大胆な構成と鮮やかな色づかいが特徴。強い個性と豊かな創造力にあふれた作品は、今なお人々の心を魅了しつづけています。

今回は、蔬果文(そかもん、野菜や果物のこと)・柳文(やなぎもん)・いろは文・喜の字文(きのじもん)・心の字文(しんのじもん)・伊曽保文(いそほもん、イソップのこと)など、さまざまな図案をあしらったハンカチーフ・てぬぐい・風呂敷などの布雑貨が展開されます。また、本展の売り上げの一部は、「Think the Earth 忘れないプロジェクト」を通じ、東日本大震災の被災地における復興支援に充てられます。企画展の商品は開催期間以外でも取り扱われる予定ですので、金沢を訪れる際はぜひお立ち寄りください。

「芹沢銈介 染色工芸家の図案」展

日時:2017年8月5日(土)〜8月20日(日) 11:00〜18:00
会場:石川県金沢市武蔵町4-2 ギャラリーショップ&カフェ コニーズアイ
TEL:076-204-8431
定休日:月曜・火曜
オフィシャルサイト:http://conys-eye.org/