ホテル雅叙園東京で7月7日(土)より開催「アートイルミネーション 和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」

エリア
タグ
和のあかり展の開催風景
和のあかり展の開催風景
前回(2017年)の展示風景

和のあかり×百段階段2018~日本の色彩、日本のかたち~

開催期間:2018年7月7日(土)~9月2日(日)※会期中無休
開催時間:月~木曜日/10:00~17:00(最終入館16:30)
     金・土・日・祝および8月13日~17日/10:00~20:00(最終入館19:30)
     ※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)
入場料:当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円 ※7月6日まで)
    学生 800円※要学生証呈示、小学生以下無料
会場:ホテル雅叙園東京(東京都指定有形文化財「百段階段」)
問い合わせ: ホテル雅叙園東京 イベント企画 03-5434-3140(10:00~18:00)
主催:和のあかり展実行委員会
後援:目黒区、めぐろ観光まちづくり協会、カナダ大使館
オフィシャルサイト:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/wanoakari2018

日本全国から“和のあかり”が集まる「アートイルミネーション 和のあかり×百段階段2018 ~日本の色彩、日本のかたち~」が、7月7日(土)~9月2日(日)まで、ホテル雅叙園東京内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催されます。

かつて“昭和の竜宮城”と呼ばれた目黒雅叙園。当時の絢爛豪華な装飾を色濃く残す文化財「百段階段」は、日本画や彫刻など昭和初期の著名な芸術家、そして優れた職人の技によって創り上げられました。目黒雅叙園がホテル雅叙園東京に名前や姿を変えた今もなお、日本芸術の粋を集めた建物として多くの人を惹きつけています。

和のあかり展の会場の百段階段
東京都指定有形文化財「百段階段」

その「百段階段」では、年間を通してさまざまなイベントが開催されていますが、なかでも和のあかり展は、累計23万人もの人が訪れた大人気イベント。4回目の開催となる今回は「祭り」「アート」「デザイン」「職人」「テクノロジー」をテーマに、全国から63団体が参加し、1,000点を超える作品が文化財「百段階段」を彩ります。

【出展団体】
青森ねぶた祭り/青森、秋田竿燈まつり/秋田、美濃和紙あかりアート展/岐阜、山口七夕ちょうちんまつり/山口、柳井金魚ちょうちん/山口、長崎ランタンフェスティバル/長崎、MIRRORBOWLER、間島秀徳/日本画家、早川鉄兵/切り絵作家 ほか(敬称略、順不動)

和のあかり展のねぶた
今回のために制作された青森ねぶた「竹取物語」

青森では実現不可能な流派の異なる3名のねぶた師による合作の「青森ねぶた」、日本画家・間島秀徳氏の大作の公開、子どもも楽しめる光の落書き、そして和のあかり展初の試みとなる香りの演出など、今回も見どころ満載!全作品、写真撮影が可能なところも嬉しいですね。さらに、すみだ水族館、東京タワー、東海汽船「東京湾納涼船」、ログロード代官山とのコラボ企画も用意されています。

今年の夏は、東京屈指の文化財「百段階段」と“和のあかり”が織りなす、華やかなアートイルミネーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

和のあかり×百段階段2018~日本の色彩、日本のかたち~

開催期間:2018年7月7日(土)~9月2日(日)※会期中無休
開催時間:月~木曜日/10:00~17:00(最終入館16:30)
     金・土・日・祝および8月13日~17日/10:00~20:00(最終入館19:30)
     ※写真撮影可能(三脚・フラッシュ撮影NG)
入場料:当日 1,500円、前売 1,200円(館内前売 1,000円 ※7月6日まで)
    学生 800円※要学生証呈示、小学生以下無料
会場:ホテル雅叙園東京(東京都指定有形文化財「百段階段」)
問い合わせ: ホテル雅叙園東京 イベント企画 03-5434-3140(10:00~18:00)
主催:和のあかり展実行委員会
後援:目黒区、めぐろ観光まちづくり協会、カナダ大使館
オフィシャルサイト:http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/wanoakari2018