堺クラフトフェア「灯しびとの集い」で手仕事にふれてみよう!

エリア
タグ
shasin2

かつて当たり前に存在した「クラフト」に、今再び「小さな思い」という明かりを灯す。

工芸を育てた茶の湯に縁が深い堺の街で、「灯しびとの集い」という様々なつくり手と生活の道具を集め、その場でヒトと話してモノを見て、クラフトに触れることが出来るイベントが開催されます。

機械生産に対しての手仕事と表現される「Craft」。
元々大量にモノを必要とした時代がくる前には、Craftという言葉自体無かったのかもしれません。そのくらい、人がモノを手づくりするということは本来当たり前にそこにあることなのだと思います。クラフトが当たり前で無くなりかけている時代に、その当たり前を生業とし、人々の暮らしの中に「モノやヒトへの小さな思い」という明かりを灯す人たちがいます。

そんな思いを持ったつくり手と触れ合い、モノが持つ物語に耳を傾けることで、暮らしが今より少し豊かになり、日々の生活の中でのモノに対する見方も変わってくるのではないでしょうか。

古くは世界各国から様々な文化が水揚げされた情報の窓口としての中心地であった堺で、再びこの場所から、クラフトを通した人と人とのつながりを、モノや食を通して関西一円をはじめ全国にも広げて行く。
灯しびとの集いはそんな志を持つ人の集まりです。

sunchi_tomosibito_4

sunchi_tomosibito_2

sunchi_tomosibito_3

■イベント名 灯しびとの集い
■日時 2016年11月12日(土) – 11月13日(日) 10:00〜16:00  *雨天決行・荒天中止
■場所 大仙公園催し広場 (堺市堺区百舌鳥夕雲町)
■入場料 無料
■主催 灯しびとの集い実行委員会
■後援 堺市/(公)堺市文化振興財団/(社)堺観光コンベンション協会/堺市教育委員会
■内容 青空の下、陶磁、木工、金属、ガラス、染織などさまざまなジャンルの作り手が全国から一堂に会し、暮らしに寄り添い長く親しまれる生活の道具が集います。
■選考委員 
小林和人(Roundabout / OUTBOUND店主)、塚本カナエ(商品開発ディレクター)、堀あづさ(dieci 店主)、正木なお(ギャラリスト)、柳原照弘(デザイナー)、辻野剛(fresco/灯しびとの集い実行委員会会長) *順不同敬省略
■出展者 クラフト出展100組程度、飲食出店13店舗予定
・クラフト部門 陶磁・木工・金属・ガラス・染織などの作家、及びそれらのプロを目指す人を対象
全国より出展を募り、選考委員による選考委員会にて選出。
・飲食部門 南大阪周辺を中心に素材や技術、味などにこだわった店舗を選定
堺伽俚/カレー(堺市)、WING TIP/軽食・ジェラート・(堺市)、nakayama coffee/コーヒー(京都府)、MONIQUE CAFE/ベジ軽食・焼菓子(堺市)、米day no.1/オーガニックベジ弁当(大阪市)、ふくらすずめ/天然酵母パン(大阪市)、pâtisserie MiA/焼菓子・ドリンク(滋賀県)、お菓子 cocori/焼菓子(堺市)、森のおはぎ/おはぎ(豊中市)、une table/ジンジャープロダクツ(奈良県)、エルマーズグリーンカフェ/軽食・コーヒー(大阪市)、wacca/ドーナツ(大阪市)、tsuzuru/焼菓子(奈良県)    
以上13店舗予定 *順不同 ※各店舗の出店内容は変更になる場合があります。
■音楽 イベント会場内にてバンドによる生演奏予定(雨天中止)
[.que]/sucholiスチョリ/前川サチコ&G.LGトリオ/田渕徹/べべチオ
■公式HP http://www.tomoshibito.org/

「灯しびとの集い」を通して、一人でも多くの皆さまの心に、つくり手の思いの明かりが灯りますように。

灯しびとの集い実行委員会 広報担当
〒590-0078 大阪府堺市堺区南瓦町2番1号 堺市総合福祉会館2階
堺市民活動サポートセンター内 メールボックス14