鎌倉文学館

エリア
タグ

川端康成、夏目漱石に芥川龍之介、与謝野晶子。ゆかりのある文学者は300人にものぼるという鎌倉の地で、土地ゆかりの文学者の著書・原稿・愛用品などを収集保存し展示する。鎌倉三大洋館にも数えられる歴史ある建物は、もとは加賀百万石の藩主で知られる前田利家の系譜、旧前田侯爵家の別邸だった。焼失や震災も経て現在で4代目となる洋館は、寄木細工の床や部屋ごとに異なる暖炉・照明の意匠など、展示品が並ぶ部屋そのものにも見所が多くある。「文学、文学と肩ひじをはらずに来ていただいて、興味をひいたら、ついでに展示物を見ていただき」とは、昭和60年の開館時、初代館長だった永井龍男氏の挨拶の一節。その言葉通り、三方を山に囲まれ前方に海をのぞむ環境は、文学好きでなくてもついつい足を運びたくなる気持ち良さだ。緑に囲まれた入り口までの坂道や約200の品種のバラが植わる庭園、遠くにのぞむ湘南の海を愛でながら、贅沢な文学散歩を楽しみたい。

趣あるトンネルを抜けていく館までの道も楽しい
趣あるトンネルを抜けていく館までの道も楽しい
鎌倉三大洋館にも数えられるクラシカルな佇まい
鎌倉三大洋館にも数えられるクラシカルな佇まい
元は居間兼客間だったという展示室
元は居間兼客間だったという展示室
床にさりげなくあしらわれた箱根の寄木細工
床にさりげなくあしらわれた箱根の寄木細工
部屋ごとに窓や照明の意匠も異なる
部屋ごとに窓や照明の意匠も異なる
人気のジオラマがある部屋。もともと男の子の部屋だったそうで窓には青いステンドグラスが
人気のジオラマがある部屋。もともと男の子の部屋だったそうで窓には青いステンドグラスが
休憩室のテラスからのぞむ庭園と湘南の海。庭でスケッチや写真を楽しむ人も多い
休憩室のテラスからのぞむ庭園と湘南の海。庭でスケッチや写真を楽しむ人も多い
「愛」「手紙」などさまざまな視点で鎌倉ゆかりの文学者を切り取る企画展も魅力
「愛」「手紙」などさまざまな視点で鎌倉ゆかりの文学者を切り取る企画展も魅力
バラ園ごしの文学館
バラ園ごしの文学館

新着の読みもの