もやい工藝

エリア
タグ
鎌倉 もやい工藝

鎌倉の佐助にある「もやい工藝」は、日本全国から自らが選りすぐった手仕事の品々を取り扱う鎌倉の工藝店。1971年に設立され、1986年に鎌倉に移転。2016年で移転30周年を迎えた。代表の久野民樹(くの・たみじゅ)さんは買い付けや調査のために月の半分は全国各地に赴く。年4回ほど実施される企画展では大分の小鹿田焼(おんたやき)や沖縄のやちむんなどの焼き物の特集や、夏の藍染めののれんなど時候に合わせた展示・販売が行われている。また、常に全員の作品が置いてあるわけではないが、作り手の数は全国に100人を超えるそう。県外からもたくさんのファンが訪れる、工藝・うつわ好きには垂涎のお店。

鎌倉駅から歩いて約15分、鎌倉の代表的見どころの銭洗弁天と共に散歩がてらにいかがだろうか。駅近くの喧騒が嘘のような、静かで落ち着いた環境もおすすめ。

お店に到着する手前に現れる佐助トンネル
お店に到着する手前に現れる佐助トンネル
大きな木と緑に囲まれた入口。お家にお邪魔するような気持ちに
大きな木と緑に囲まれた入口。お家にお邪魔するような気持ちに
入口から見た店内。全国各地のうつわたちが整然と並ぶ
入口から見た店内。全国各地のうつわたちが整然と並ぶ
什器も店に溶け込み、うつわたちも居心地が良さそう
什器も店に溶け込み、うつわたちも居心地が良さそう

新着の読みもの