燕市産業史料館

エリア
タグ

燕の金属産業の歴史は、江戸時代に始まった和釘、やすり、煙管、鎚起銅器の生産、そして明治以降には洋食器、ステンレス製品へと続いてきた。この史料館では、本館で江戸時代からの伝統的なものづくりの技と歴史、別館で煙管、煙草入れ、矢立のコレクション、新館で近代以降の洋食器生産と世界のスプーンコレクションと、燕の金物の全体像を知ることができる。燕三条の金属工場の見学に出かける前にまずここを訪ねると一層理解が深まるはずだ。

新着の読みもの