ひうら農場

エリア
タグ

燕市吉田地区で800年に渡り代々農家を継いできた、27代目当主・樋浦幸彦さんが営む農場。主に無農薬栽培にこだわった「一笑こしひかり」をはじめとしたこしひかり3種類と地元の名産「もとまちきゅうり」を栽培。農業の他、「燕三条 工場の祭典」に2015年から参加し、2016年には燕市の農家や工場、料理人など異業種の人たちとコラボしたレセプションパーティーも企画するなど、食べ物も金物も含めた燕市の「ものづくり」の発信に力を入れている。農場では畑・田んぼ見学、きゅうり収穫体験、きゅうり・お米購入などが楽しめる。(要予約、内容は予約時に要確認)

樋浦さんが丹精込めて育てる田んぼは、日本屈指のパワースポット・弥彦神社が鎮座する弥彦山を望むロケーション
代々農家を継いで27代目にあたる、樋浦幸彦さん
樋浦さんのご家族・ご親戚と、ひうら農場のイベント時や繁忙期にサポートするスタッフの皆さん
地元の名産「もとまちきゅうり」を、生産40周年を機に樋浦さんが旗を振り、ブランディングを実施

新着の読みもの