玉川堂 (ぎょくせんどう)

エリア
タグ
玉川堂

1816年創業の鎚起銅器の老舗。これまで300人以上の鎚起職人を輩出してきた、燕の中心的存在でもある。前庭のある工房兼店舗は、築100年以上の日本建築で、国の登録有形文化財にも指定されている。建物奥の工房は、常時見学が可能。銅を叩く音がこだまする畳敷きの空間では、一枚の銅板から器が徐々に形づくられていく。前庭に面した座敷は店舗となっていて、湯沸かし、タンブラーなどさまざまな種類、色彩の銅器が展示され、その美しさには伝統と技の奥行きを感じる。

国の登録有形文化財にも指定されている、趣ある日本建築
国の登録有形文化財にも指定されている、趣ある日本建築
銅を叩く音がこだまする畳敷きの工房
銅を叩く音がこだまする畳敷きの工房
前庭に面した店舗に美しい銅器が並ぶ
前庭に面した店舗に美しい銅器が並ぶ

新着の読みもの