うるしの里会館

エリア
タグ

13年前に、越前漆器伝統産業会館を回廊型の展示スペースにリニューアル。館内では1500年以上の歴史を持つ越前漆器の歴史的な資料や製造工程、現代における新しい取り組みなどを見学することができる。

ミュージアムショップではお椀や箸、重箱、小物など約1300点の越前漆器を展示販売。ほか、漆をふんだんに使用した茶室「漆黒庵」、地元職人による蒔絵のパネルをはめ込んだ格天井の和室も見どころだ。職人の指導による絵付け体験、沈金体験、吹き漆体験も実施している (2名より/要予約/詳細は問い合わせ) 。

職人が実際に作業をしている「職人工房」も毎日オープン。平日は1人、土日祝日は2人、地元の職人による作業風景を見学でき、話をすることもできる。

うるしの里会館の外観。周辺には越前漆器の工房が集まっている
うるしの里会館の外観。周辺には越前漆器の工房が集まっている
ミュージアムショップには様々な用途で用いられる1300点の漆器が並ぶ
ミュージアムショップには様々な用途で用いられる1300点の漆器が並ぶ
茶室「漆黒庵」。実際に利用することもできる (要問合せ)
茶室「漆黒庵」。実際に利用することもできる (要問合せ)
越前漆器の進化の様子がわかる展示
越前漆器の進化の様子がわかる展示

新着の読みもの