信洋舎製紙所

エリア
タグ

※こちらは、RENEW×大日本市鯖江博覧会2017 時点の情報となります。※

明治時代に創業した工場で、製造された紙は主に美術紙(銅版画用紙)として海外に輸出されました。パリ万博で金杯とシカゴコロンブス博覧会で称賛された紙は三椏局紙と呼ばれ、信洋舎製紙所の土台となっております。(近年、復刻いたしました。)
最近は、葉書・名刺などのカード類が多いのですが、活版印刷機の導入し、最終製品として売り出す予定です。

[備考]
その他にもクラフト系のWORKSHOPを予定しています。
また工場内で在庫品の大判の紙を販売します。

新着の読みもの