木と塗りの工房こばし

エリア
タグ

※こちらは、2017年「RENEW×大日本市鯖江博覧会」時点の情報となります。

漆器作家の小橋氏が、原木から成形、仕上げの塗りまで一貫して手がける工房。分業制の河和田では珍しい取り組みで、遠方から見学に来る人も。
工房では作業の見学や展示品の購入ができ、特にまな板は、国産のいちょうを用いた柿渋塗りや漆塗りのものなど、様々なものを展示しています。小さいお盆から大きいテーブルまでオリジナル製品も手掛けており、大きなこね鉢など珍しい商品も展示販売しています。

新着の読みもの