宍道湖

エリア
タグ
宍道湖

宍道湖(しんじこ)は、島根県松江市と出雲市にまたがる湖。周囲約45km、全国で7番目に大きい。淡水と海水の入り交じる汽水湖であるため、魚類が豊富に獲れる。シジミ、白魚などの宍道湖七珍は松江を代表する味覚として有名。日本一と謳われるほど夕日が美しく、湖畔には名所が点在する。宍道湖に浮かぶ無人島「嫁が島」には、湖に落ちて亡くなった若い嫁の身がらとともに浮かび上がったという悲しい伝説が残されている。日没のクライマックスは嫁が島のシルエットが印象的に浮かび上がる。

魚が多く生息するため、青鷺などの水鳥に出会うことも
魚が多く生息するため、青鷺などの水鳥に出会うことも
袖師公園から臨む湖面に立つ袖師地蔵
袖師公園から臨む湖面に立つ袖師地蔵
島根県立美術館は、西側の壁が全面ガラス張り。湖畔に沈む「夕日の見える美術館」としても有名
島根県立美術館は、西側の壁が全面ガラス張り。湖畔に沈む「夕日の見える美術館」としても有名
「ばんじまして」と、出雲の夕方のあいさつを使ってみたくなる夕暮れ
「ばんじまして」と、出雲の夕方のあいさつを使ってみたくなる夕暮れ
嫁が島の後ろに夕日が沈む
嫁が島の後ろに夕日が沈む
夜は照明がつき、鳥居が明るく照らされる
夜は照明がつき、鳥居が明るく照らされる
湖に面してベンチが並び、宍道湖を眺められるスポットの1つ、白潟公園。夜は灯篭に明かりが灯る
湖畔にベンチが並び、宍道湖を眺められるスポット、白潟公園。夜は灯篭に明かりが灯る

新着の読みもの