やまいち

エリア
タグ
宍道湖七珍、最高のシジミ汁で〆る松江の夜

宍道湖に注ぐ川沿い、新大橋のたもとにたつ「やまいち」。地元民に愛される居酒屋のカウンターには旬の食材を活かした大皿料理がたっぷりと並び、カウンターの奥ではおでんがあたたかな湯気をたてる。松江ではおでんは冬限定の料理ではなく、年中楽しめるもの。メニューは壁に貼られた味のあるお品書きから選んでもいいが、せっかくなら店のご主人に相談してみよう。その日仕入れた食材や客の好みからおすすめを教えてくれる。また、淡水と海水の混ざる宍道湖ならではの宍道湖七珍、“スモウアシコシ (スズキ、モロゲエビ、ウナギ、アマサギ、シラウオ、コイ、シジミ) ”や松江の地酒も是非味わってみたい。たっぷりの具が入ったシジミ汁は呑兵衛の胃にもやさしい。

新大橋のたもとに佇む
大皿にたっぷりと盛られた今日の料理。壁のお品書きも味がある
松江おでん、大きな具には女将さんがハサミを入れてくれる
宍道湖七珍のひとつモロゲエビは、地元出西窯の器によそわれて
シメの一杯は漁獲量日本一、宍道湖のシジミがたっぷりのシジミ汁
シメの一杯は漁獲量日本一、宍道湖のシジミがたっぷりのシジミ汁
運が良ければ美しい宍道湖の夕日に出会えるかも
運が良ければ美しい宍道湖の夕日に出会えるかも

新着の読みもの