佐賀県立 九州陶磁文化館

エリア
タグ
佐賀県立九州陶磁文化館 外観

肥前の陶磁器をはじめ、江戸時代の九州各地の陶磁器や現代の陶芸作家の作品を収集、展示している「やきもの専門」の美術館。

江戸時代に海外へ輸出された古伊万里など101点を集めた「蒲原コレクション」 (有田町所蔵) や、常時約1000点を展示する「柴田夫妻コレクション」など、江戸時代の体系的な有田焼コレクションは専門家からも注目される、国内有数の見応えある展示となっている。

館内のいたるところにやきもの製の製品が備えられていたり、カフェでは古伊万里の器でケーキセットが楽しめるなど、九州の陶磁器を堪能できる。

「九州陶磁の歴史」展示室。九州陶磁の源流である中国・朝鮮陶磁の絵年表から、日本陶磁の歴史パネル、古伊万里とオランダ貿易の特色などをはじめ、九州陶磁の歴史的資料を展示している
「九州陶磁の歴史」展示室。九州陶磁の源流である中国・朝鮮陶磁の絵年表から、日本陶磁の歴史パネル、古伊万里とオランダ貿易の特色などをはじめ、九州陶磁の歴史的資料を展示している
欧州貴族を魅了した古伊万里を世界中から蒐集した蒲原コレクション
「蒲原コレクション」。有田町名誉町民の故・蒲原権 (かんばら はかる) 氏が、ヨーロッパ各地を巡り、私財を投じて蒐集した古伊万里の数々が並ぶ
「柴田夫妻コレクション」
「柴田夫妻コレクション」。柴田明彦氏、祐子氏夫妻によって寄贈された、古伊万里1万点にも及ぶコレクション。江戸時代の貴重な有田焼が常時1000点ほどが展示され、年に1度、総入れ替えが行われる。1万点全てを鑑賞するには10年もの年月が必要となる。国の登録有形文化財工芸品の第1号
佐賀を代表する芸術院会員や、人間国宝の作品
佐賀を代表する芸術院会員や、人間国宝の作品
館内にある「カフェテラス 彩」では、古伊万里の器で飲み物やケーキを楽しめる
館内にある「カフェテラス 彩」では、古伊万里の器で飲み物やケーキを楽しめる
ドア押板やスイッチパネル、壁のタイルなど、有田焼をはじめ伝統的な様式をデザインしたやきもの製品が館内設備のいたるところに使われている
ドア押板やスイッチパネル、壁のタイルなど、有田焼をはじめ伝統的な様式をデザインしたやきもの製品が館内のいたるところに使われている

新着の読みもの