城西館

エリア
タグ
城西館外観

明治7年創業の老舗ホテル「城西館」。数多くの政財界名士の通う宿として、また、昭和天皇をはじめとした皇族の御定宿としても愛されてきた。

ホテル最上階には、宿自慢の展望露天風呂がある。古城「高知城」の天守閣を臨む露天風呂「はちきんの湯」、龍馬も泳いだと言われる「鏡川」が眺められる露天風呂「いごっそうの湯」。2つの展望露天風呂は朝夜で男湯と女湯が交換となるため、時間を置いて二度入れば、2つの景色を味わえる。風呂のそばにあるラウンジ「城見櫓」では、夜になるとサーチライトでライトアップされた高知城を眺めながらくつろぐことも。

海の幸、山の幸が豊富に揃う高知県。料理人が自ら足を運び選んだ地元の食材をふんだんに使った料理の数々も楽しみの一つ。地産地消の料理は全国の利用客から評判を呼んでいる。

高知城城下町である高知市上町に位置し、観光地へ足を運びやすい場所。観光の足場として利用し旅の疲れを癒すにも、宿での時間そのものをゆったりと味わうにも嬉しい、もてなしの空間が広がっている。

女湯「はちきんの湯」
展望露天風呂「はちきんの湯」
男湯の展望露天風呂「いごっそうの湯」
展望露天風呂「いごっそうの湯」
強力な投光機で高知城をライトアップしている
強力な投光機で高知城をライトアップしている
客室
歴史ある建物の趣を感じる客室
料理の一例
高知の食材をふんだんに使った料理の数々
鰹の藁焼き。実演をガラス越しに間近で見られる
高知名物である鰹を豪快な炎をで炙る「わら焼きタタキ」。迫力ある実演をガラス越しに間近で見られる
「ヒゲの殿下」の愛称で知られる寛仁親王殿下の直筆色紙も飾られている
「ヒゲの殿下」の愛称で知られる寛仁親王殿下の直筆色紙も飾られている
吉田茂元首相のお気に入りでもあった
吉田茂元首相のお気に入りでもあった。今も愛飲したウイスキーボトルが残されている

新着の読みもの