橿原神宮

エリア
タグ

天照大神より6代目にあたる初代天皇・神武天皇が橿原宮で即位したという「古事記・日本書紀」の記述に基づき、明治23年に創建された橿原神宮。神武天皇と皇后が祀られている。本殿は京都御所の内侍所(賢所)を移築、また文華殿は旧織田家柳本藩邸・表向御殿を移築したもので、どちらも重要文化財に指定されており日本の伝統的な建築美を堪能できる。畝傍山の東南の麓、約53万平方メートルにもおよぶ広大な神域には、玉砂利の参道や銅板葺き入母屋造りの外拝殿が森林の緑と相まって、荘厳ながらも清々しい雰囲気を醸し出す。神域内には森林遊苑があり、また深田池は渡り鳥たちにも出あえる憩いの場。年間を通じて多くの参拝者が訪れる。

%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc_kh-ka-a06_resize
%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%bc_kh-ka-a02_resize

写真提供:一般財団法人 奈良県ビジターズビューロー

新着の読みもの