粟 ならまち店

エリア
タグ

近年注目を集めている土地の気候風土の中で育った伝統野菜。粟 ならまち店は奈良の食材を広く紹介したいとの想いから、土地の「大和伝統野菜」や大和牛を活かした料理を提供する。昼夜共に要予約のコース制。その時々の旬の食材を取り入れた料理は、初めて聞く野菜の名前が飛び交うメニューの説明を聞くだけでも楽しい。また、築130年の町家を改装した店内には見た目もユニークな奈良や世界各地の伝統野菜がさりげなく置かれ、料理と共に目で食材を楽しめる。地酒も充実。しっかり旅の計画に入れておいて、奈良の思い出に、誰かへのおもてなしに、一度は訪れたい。

伝統野菜がディスプレイに
伝統野菜がディスプレイに
引き戸をあけると、カウンター、座敷席が奥に続く
引き戸をあけると、カウンター、座敷席が奥に続く
店奥から見た入り口。ならまち独特の魔よけ「身代わり申」がつるされている
店奥から見た入り口。ならまち独特の魔よけ「身代わり申」がつるされている

木村正史

新着の読みもの