目細八郎兵衛商店

エリア
タグ
目細八郎兵衛商店 店内

1575 (天正3) 年の創業以来、440年以上にわたり針の製造販売を続ける老舗。糸が通しやすく使いやすい縫い針「めぼそ針」をはじめ、鮎釣りに使われる毛針が発展した伝統工芸品「加賀毛針」、その加賀毛針を使ったフェザーアクセサリーがそろう。

成形がむずかしいとされる絹針の「目穴・目度」を、初代の八郎兵衛が試行錯誤して工夫し、糸の通しやすい良質な針をつくりあげた。その針の品質が加賀藩主に認められ、「めぼそ」という針の名前を授かり、店の名前ともなっている。

店内ではフェザーアクセサリーの製作体験も可能。好きな色の針と羽を組み合わせてブローチを作りながら、加賀毛針の伝統の技術にふれることができる。

目細八郎兵衛商店
お店のエントランス
加賀藩お抱えの書道家、佐々木志頭磨 (ささき しずま) によって書かれた看板
店内に飾られた看板は、江戸時代から受け継がれてきたもの。加賀藩お抱えの書道家、佐々木志頭磨 (ささき しずま) によって書かれたものだそう。お抱えの書道家に書いてもらうことを許されたところからも、いかに藩主からの信頼が篤かったかが伺える
縫い針だけでも、たくさんの種類のものが並びます
縫い針だけでも、たくさんの種類のものが並ぶ
使いやすいだけでなく、可愛らしくお土産にもぴったりの待ち針
使いやすく可愛らしい、お土産にもぴったりの待ち針
フェザーアクセサリー。体験で作るブローチも多種多様な羽の組み合わせでの制作が可能
フェザーアクセサリー。体験で作るブローチも多種多様な羽の組み合わせでの制作が可能
フェザーアクセサリー
ファッションブランドISSEY MIYAKEとのコラボレーション作品
ファッションブランドISSEY MIYAKEとのコラボレーション作品の展示も
店内で行われる毛針制作の様子を見学することもできる
店内で行われている毛針制作の様子を見学することもできる

新着の読みもの