BANKOアーカイブデザインミュージアム

エリア
タグ
BANKO archive design museum

人気陶芸家の内田鋼一さんにより2015年にオープン。萬古焼の常設展のほか、年に2回の企画展が行われる。展示品の中心は古萬古や有節萬古とよばれる古いものではなく、明治時代から戦後にかけて発展したデザイン性の高い萬古焼。産業の中で育まれた、機能性だけでない萬古焼のキッチュな魅力に触れてみよう。

館長の内田鋼一さん
館長の内田鋼一さん
統制陶器、代替陶器の萬古焼
キューピー
輸出用に作られた陶製のキューピー人形は、世界中のコレクター垂涎の品。このキューピーを見るために来館する人もいるのだとか
萬古焼のやかん
鉄瓶を模した陶製やかん。表面に凹凸をつけ、鉄瓶の質感も表現されていた

大黒様と弁天様の貯金箱
大黒様と弁天様の貯金箱
ストーンウエア
鮮やかな色彩と光沢感が美しい日本のストーンウエアは、1970年代に萬古の地で生まれた
エントランスからの通路はショップになっている
展示室を出た後は、のんびりショップを眺めたり、併設のカフェで余韻に浸りながら過ごすのも楽しそう。ショップには萬古焼のほか、内田さんがセレクトした国内外の古いものや、オリジナルの手ぬぐいも

新着の読みもの