【鯖江のお土産・さしあげます】めがねフレームから生まれた「Sur」のピアス

エリア
タグ
tsugi-sur_鯖江・アクセサリー

こんにちは。ライターのいつか床子です。
わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” を読者の皆さんへのお土産にプレゼント、ご紹介する 「さんちのお土産」。今回は、福井県鯖江市のアクセサリーブランド「Sur(サー)」のピアスをお届けします。

付けていることを忘れそうになるほど軽やかで、肌にしっくりとなじむSurのアクセサリー。実は、めがねフレームに使われる素材からできているんです。

鯖江はめがねフレームの国内シェア9割以上を誇るめがねの聖地。街のあちこちでかわいらしいめがねのモチーフが見つかるのも、散歩心をくすぐられます。

めがねをかけた少年を発見。手にはもう1つの名産である越前漆器も

めがね作りに込められた技術が、日々を彩るアクセサリーに

今回お話を伺ったのは、Surのクリエイティブディレクター・新山悠(にいやま・はるか)さんが、めがねフレームの素材を使った鯖江ならではのアクセサリーブランド・Surをプロデュースしています。

Surの事務所は、鯖江を拠点に活動しているクリエイティブカンパニー「TSUGI(つぎ)」の中にあります

事務所のディスプレイには、これまでに手がけてきたSurのコレクションがずらり。どれもシンプルでありながら非常に洗練されていて、見れば見るほどうっとり引き込まれます。

めがねフレームと同じ素材とは思えません‥‥

「TSUGIの活動を知ってくれているめがね工場の人たちや、そのお知り合いの方の集まりに呼んでもらったんです。そこでめがねフレームの端材をいただいたのがSurを始めるきっかけでした」と新山さん。

めがね作りで必要な素材や技術は、アクセサリー作りにとってもアイディアの宝庫だったといいます。鯖江の人たちと話し合いながら、めがね作りの技法を少しずつ取り入れることで、めがねのように持ち主の生活と寄り添えるアクセサリーが誕生しました。

Surのアクセサリーは鯖江のめがね工房と協力しながら作られています

人に優しい、めがねフレーム素材

Surで使われているめがねフレーム素材は「セルロースアセテート」と「チタン」です。

セルロースアセテートは、綿花を樹脂加工した素材。肌と環境に優しい成分でありながら、大理石のような光沢も持ち合わせています。

加工前のセルロースアセテート。豊富な柄が揃うのも、めがねの産地である鯖江ならでは

また、金属フレームに使われているチタンは医療器具としても使われ、金属アレルギーの人でも安心して身に付けられます。軽くて付け心地は抜群。シルバーとはひと違った落ち着いた輝きが、耳元をさりげなく彩ります。

今回のお土産

今回のお土産はこちらの2つ。アセテートとチタンの加工技術を使った「TITANIUM(チタニウム)」シリーズのピアスです。やわらかなグレーでどんなコーディネートにも似合う「TI-P2」(写真左)と、エメラレドグリーントホワイトのマーブル模様がかわいらしい「TI-P3」をおすすめしていただきました。

surアクセサリー
「TI-P2」(写真左)と「TI-P3」

めがねのように、毎日身に付けていたくなるSurのアクセサリー。特別な日の装いにも、普段着にも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

tsugi-sur_鯖江・アクセサリー

ここで買いました。

TSUGI llc.(合同会社ツギ) / Sur事業部
福井県鯖江市河和田町19-8
0778-65-0048
http://sur-j.com/index.html/

さんちのお土産をお届けします

この記事をSNSでシェアしていただいた方の中から抽選で2名さまにさんちのお土産 “TI-P2”と “TI-P3”をそれぞれプレゼント(どちらも片耳分のみとなります)。どちらかご指定されたい場合は、シェア時に「三角のほうのピアスが欲しい!」などリクエストをつぶやいてくださいね。応募期間は、2017年9月12日〜26日までの2週間です。

※当選者の発表は、編集部からシェアいただいたアカウントへのご連絡をもってかえさせていただきます。いただきました個人情報は、お土産の発送以外には使用いたしません。ご応募、当選に関するお問い合わせにはお答えできかねますので予めご了承ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

文 : いつか床子
写真 : 上田順子、いつか床子

関連商品

関連の特集

関連の読みもの