【はたらくをはなそう】日本市デザイナー 羽田えりな

羽田えりな
(日本市ブランドマネージャー/商品部商品企画課 デザイナー)

2009年入社。新卒2期生。
遊中川のデザイナーを経て、2013年日本市ブランドマネージャーに就任。
日本市のお正月飾りをはじめとする「縁起の良い商品」をメインに担当する、おめでたいデザイナーでもあります。

暮らしを楽しくする商品を生み出している以上、デザイナーである自身は、常に明るく元気よくいたいと思っています。
きっとそうでないと、生まれた商品にも人をハッピーにさせる力は宿りません。負のオーラをまとったデザイナーがつくったお正月飾りなんて、誰も飾りたくないですよね!

とはいえ人間なので、気持ちが落ち込み、後ろ向きな発言をしてしまうこともあります。
でもそんなときは言うだけ言って、最後には「うそうそ!みんなごめんね!」と周りの試作中サンプルたちに声をかけ、フォローをしています。(笑)
くだらないかもしれませんが、こんな風に愛情の込め方ひとつで完成度は見違えるほど変わるんですよ!

「縁起物が似合う」なんて誰から言われたわけでもないのですが、
入社して初めて担当したお正月飾り「福鈴なり飾り」がきっかけで、おめでたいものに興味が湧きました。
本を読んだり、仕事関係なく縁起のよさそうな場所、行事を訪れたりを繰り返し、知識を増やし、デザインのリソースにし…ということを夢中でしているうち、気が付けば日本市というおめでたいブランドを担当させてもらえることに。
「『なりたい自分』があるのなら、すでに『なったつもり』で行動しなさい」という意味を持つ英語のことわざが好きなのですが、まさにそれを実感したここ1年です。

好きな仕事ばかりできるわけではありませんが、
商品化決定会議でプレゼンし、みんなのハートがつかめたときはとにかく楽しいです!辛かったことなんて一気に全部吹き飛びます。
そして、晴れて世に出た商品を、お店で楽しそうに選んでくださっているお客さまをお見かけするのが、本当に涙が出るほどうれしいです。いつも心のなかで「ありがとうございます!」と叫んでいます。
自分がデザインした商品で誰かの心が明るくなれば、これ以上幸せなことはありません。デザイナーになって何年経っても、この気持ちは変わらずです。

ブランド全体をコントロールするマネージャー業はまだまだ未熟で、右往左往しています。
政七商店の細萱さんはじめ、先輩ブランドマネージャーの方々に助けていただいてばかりの日々ですが…!
自己目標である「日本一縁起の良いブランドマネージャー」に、「なったつもり」で行動していきます。

みなさま、今後ともご指導、ご声援のほど!どうぞよろしくお願いいたします!

関連の特集