【はたらくをはなそう】中川政七商店SV 萩原由起子

萩原由起子
(中川政七商店ブランドユニット)

2007年入社。
粋更kisara梅田店、丸の内店の店長を経て、
2012年直営店スーパーバイザーに就任。
店舗運営指導、新店準備、スタッフ採用教育を担当。
2014年から奈良本社勤務。
現在は中川政七商店ブランドユニットに所属しています。

私は店舗スタッフとして入社した日から、
接客させていただくお客様にとって本当に価値があると思う商品しか、
おすすめしたことがありません。

私だったらお世辞で褒められるよりも、
本心で指摘をしてもらえる方が嬉しい。
人を導く立場になってからも
できるだけ相手に伝わる、本心の言葉を選ぶように心がけています。

私が働くうえで大事にしていることは
「嘘をつかない」ことです。
人として、は当然そうなのですが、
仕事に対して嘘をつかない、嘘のない仕事がしたいと思っています。

そのために、「もし自分が相手の立場だったら」という想像はいつもしていて、
そうすることで相手が受け取りやすいボールを投げることもでき、
相手はまた、私が受け取りやすいようにボールを返してくれるように思います。
その少しずつの気配りが仕事を円滑にし、楽しくしてくれます。

入社から8年目。やりたいことをただ必死にやってきた20代とは違い、
誰かのために私ができることは何か?を考えることが
今の働く基準に変わってきたように思います。

新しい仕事を任せてもらえたときにも、
ただ言われた通りにやるのではなく、
まず納得できるまでゴールを考え抜き、チームの中で自分がやるべきことを描き、動く。
同じ仕事なら、相手にも、自分にも嘘をつかずにまっすぐと向き合いたい。
時々、そんな自分が面倒くさくもなりますが(笑)
その方が仕事はずっと楽しくなると信じています。

自分の心に嘘をつくような仕事は楽しいと感じることができません。
「自分に嘘をつかなくても良いから」 というのが
私が中川政七商店で働く理由かもしれません。

中川政七商店には、この人と一緒に働きたいと思える人がたくさんいます。
そして私も、「またあの人と一緒に働きたい」と思ってもらえることが何よりも嬉し
く、励みになります。そういう人でありたいです。

関連商品

関連の特集

関連の読みもの