【はたらくをはなそう】卸売課 課長 高倉泰

高倉泰
卸売課課長 兼 日本市ブランドユニット

2014年入社
卸売課にて受注・出荷業務、オリジナル商品の企画、催事・展示会開催を担当。
2016年課長着任
300周年博覧会にて会場構成と商品開発コンサルティングを担当。
日本市BUとしてお土産もののコンサルティングも担当しています。

「はたらく」ということが何かを考えると、
なんらかの「価値をつくる」という答えがしっくりきます。
それは誰かのためになるということで、
自分が「はたらく」ことで社会と関わっていると感じます。

自分本位の私ではありましたが、
一緒にはたらく仲間や、仕事を依頼頂いた方々、
商品を作って頂いている方々と、考えや喜びを共有することが、
楽しくて嬉しいものだな、と少しずつ感じるようになってきました。
「はたらく」うえで、関わる人に良い影響を与えたい、
という想いは忘れずにいたいものです。

日々、はたらく上で大切にしているのは「前を向くこと」。
これは中川政七商店で「はたらく」上での行動指針をまとめた、
「中川政七商店のこころば」の中の言葉の一つです。
私の場合もう少し噛み砕くと、「困っても困らないこと」。

正直、はたらいていると困ることばかりです。
困った困ったと下を向いていても解決しないし、楽しくありません。
どんな難題も、真摯に向き合えば解決しない問題はない。
と思い込んで行動できるかどうか。

だから、一緒にはたらく方々と意見を出し合って、
良い案が出た瞬間が最も楽しいかもしれませんね。
曇り空に光が差し込んでくるイメージです。

東京から奈良に来て2年が経ちました。
小さくも大きな変化は、
月曜日を迎えるのが苦ではなくなったことかもしれません(笑)。
と言うと家族に誤解を与えそうですので弁解しますが、日曜日もとても楽しく、
家族の支えがあって「はたらく」を楽しめていることを最後に加えさせて頂きます。

関連の特集