【わたしの好きなもの】麻の葉もなか チョコ

タグ

あんこが苦手なんです


もなか菓子と言えば、中にぎっしりと詰まっているあんこと、もなか皮の香ばしいハーモニーが美味しさの肝だと思うのですが、「あんこが苦手なんだよなー」と言うひとも中にはいますよね。私もその一人で、もなか菓子は生まれてこの方ずっと避けてきたお菓子でした。

ですが、この「麻の葉もなかチョコ」は素直に美味しい!もうひとつ食べたい!と思わせる魅惑的な美味しさがありました。ぜひ私のようなあんこが苦手な方におすすめしたいです。



単刀直入に、中のあんこがもはやあんこではないのです。こっくりとしたあんこ特有の甘さは残しつつ、ビターチョコレートと2種類のクーベルチュールチョコレートの風味が、あんこをパウチから絞り出したときから香ります。口に入れるとチョコレートが広がります。

甘すぎず、後味も軽くて「あともう一個」と手が伸びる味わいです。



中川政七商店のもなか菓子は自分でパウチに入った餡を絞り出して、もなか皮に挟んで食べる「手作りタイプ」。だからいつも作りたてでもなか皮がパリパリ香ばしい。食感も美味しいのが中川政七商店の手作りもなかのうれしいポイントでもあります。


麻の葉もなかチョコは季節限定のフレーバーです。茶色のブリキ缶に金色のロゴマークがまるでチョコレートのよう。これからの季節でしたらバレンタインの贈りものにもおすすめです。

編集担当 今井

関連商品

関連の特集