【燕のお土産】板前さん御用達、ツボエの「銅製おろし金」

エリア
タグ

こんにちは、さんち編集部の井上麻那巳です。
わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” を読者の皆さんにご紹介する “さんちのお土産”。第9回目は新潟県は燕から「ツボエの銅製おろし金」をお届けします。

さんちでも何度かご紹介している新潟県燕市。新幹線燕三条駅の北側に位置する燕市は、ステンレスをはじめとした金属加工で知られ、特に金属製のカトラリーにおいては日本国内生産シェアの90%以上を占めています。

今回のお土産は、その燕市で明治40年にヤスリ専業メーカーとして創業したツボエの銅製おろし金です。ツボエは現在では金属おろし金の専門メーカーとして、業界一のアイテム数を誇っています。お手入れのかんたんなステンレス製や、軽くておろしやすいアルミ製、金属臭のしないチタン製など様々なおろし金がありますが、今回はその中でも本格派、銅製のものを選びました。銅の色も相まってかわいらしい姿をしていますが、実は板前さん御用達の働きものなのです。

dsc00684

この小さな刃は手しごとの目立て技術を再現した自社オリジナルのマシンで分厚い銅板から一目ずつ掘り起こしています。切れ味をよくするために刃の配列はあえて不均等に。この細かい刃が素材の繊維をきめ細かく切りおろし、素材の風味を際立たせてくれるそう。

「おろす」という調理法は日本料理独特のもの。フランス料理にも中国料理にもない日本独自の食文化を、日本のものづくりの技術と楽しんでみてはいかがでしょうか。

ここで買いました。

燕三条地場産業振興センター
新潟県三条市須頃1-17
0256-32-2311

株式会社ツボエ
www.tsuboe.co.jp

文・写真 : 井上麻那巳

関連の特集