【わたしの好きなもの】sazareの腕時計

シンプルな佇まいの裏に技あり

日本の実直で細やかなものづくりを「さざれ石」に見立てた時計ブランド「sazare」。

僕はいつもラバーやステンレスのベルトの腕時計と何本かを使い分けていて、久々の革ベルトでした。大きめのフェイスで存在感があるんですが、裏蓋まできれいに鏡面仕上げされていて、肌との摩擦がなく、つけているのを忘れるくらいの着用感がすごいなと。

女性スタッフに聞いても、sazareは今まで持っているものと比べると大きめサイズだけど、それがつけてみるとゴツゴツした重たい感じがなくて、使いやすいなという感想でした。

男女問わずシンプルに使える場面が多そうなデザイン。男性ならスーツはもちろん、お休みに半袖短パンでもつけられる。ビジネスでも普段使いでもこれがあると品よくまとめられるなと思います。

クセのないプレーンな感じなんですよね。それが、実はよく見るとフェイスの削り出しのガラスが表面張力のようにぷっくりしていたり、枠との境目がわからないくらいスッとつながっていたり、ディティールを眺め出すと楽しい(笑)。ブランド名も、普通はフェイスに入ってますがsazareは控えめに裏にしか入っていないんです。こういう細かなところの技や佇まいにグッとくる人も多いんじゃないかなと思います。シンプルだけど特別感がある。

さりげなく裏面にだけ刻まれるブランド名。着用感の良さと、使用による傷も経年変化として楽しめるようにと、裏面もピカピカに磨き上げられている

シリアルナンバーが入っているのも「世界に一本だけ」という感じでいいんです。誰でも合わせやすいので、ギフトにも良さそうです。ニュートラルなデザインなので、ご夫婦でお揃いとかも素敵だなと。長年使っても、飽きのこない一本だと思います。

<掲載商品>
sazare 01.01.00 ホワイト/ブラック SILVER MIRROR

担当編集者 吉岡

関連商品

関連の特集