お弁当箱と一緒に、お弁当包みも選ぶ楽しみ

タグ

行楽の秋、お弁当をもって近くの公園やハイキングなどに出かけるのに気持ちの良い季節になりました。
毎日の通勤通学にもお弁当を持って行かれる方も多いかと思います。

お弁当といえば、お弁当箱については色柄や大きさ、素材を選んで新年度には新調しようかなとか、あれこれ考えを巡らせて楽しむアイテムですよね。何種類か常時持っておいて、いつものお弁当の他に、サンドイッチならこれ、おにぎり弁当ならこれ、と選びながら詰めるのも楽しいです。

ここで、お弁当は主役級だけど、お弁当包みはどうされてますか?
買ったものに付属で付いているものを使う場合が多いかもしれませんね。
会社でもお弁当を持参しているスタッフが多いのですが、今回はスタッフのお弁当包みをご紹介させていただきます。

やっぱり花ふきん!

「汁もれしにくい曲げわっぱ」も「ごはん粒のつきにくい弁当箱 大」サイズもすっぽり包めます

やっぱり1番人気は花ふきんでした。大判サイズ(約58×58cm)だから男性陣の大きめのお弁当箱も簡単にくるくるっと包めます。ふきんなので、汚れたらガシガシ会社で洗っているスタッフもいます。乾きやすいので、お昼に洗って干しておけば帰りには乾いています。
色柄もいろいろあるので、包むお弁当箱や季節によって変えて楽しんでいるみたいです。

お弁当包み専用の強みあり

左が 「ごはん粒のつきにくい弁当箱」、右が 「ごはん粒のつきにくい弁当箱 大」 を包んでいます

お弁当包みは、それ専用に作ったもにはやはり使いやすい強みがあるんですよと、「撥水加工の弁当ふろしき」をおすすめするスタッフもいます。
ナチュラルな見た目だけど、撥水加工が施されているから扱いが気楽だということ。そして内側に保冷剤を入れて使えるポケットがついているので、夏場はやっぱり助かるんです。
約44×44cmだからまあまあ大きめのものも包めるみたいですよ。 (汁もれしにくい曲げわっぱも包めました)

色柄豊富なハンカチは大判なものを

「ごはん粒のつきにくい弁当箱 大」 を包んでいます

お弁当包みにハンカチを使う方も多いのでは。mottaのハンカチは先にご紹介した 「撥水加工の弁当ふろしき」 と同じ大きさで 約44×44cm あるんです。お弁当も包みやすく、色柄が豊富なので何枚あっても困らないですよね。広げてナフキン代わりに敷いても華やかです。

季節の手拭いを楽しむ

手拭いらしい季節ごとの絵柄
包み方はいろいろな方法がありますよ

手拭いを愛するスタッフからは、お弁当も手拭いで包めますよ!とオススメされました。
四角いもので包もうと思ってしまいますが、昔から使われてきた手拭いは包むことも楽しめます。くるくるっと巻いてしまえば簡単に包めますし、ちょっと工夫すると上のようにも簡単に包めます。
手拭いはなんといっても、四季折々の絵柄が豊富で楽しめるところがいいですよね。季節の風物詩を感じながら日々お弁当を食べれるのは、たしかに手拭いをおすすめしたい気持ちがわかりました!
(※季節の絵柄は季節ごとに登場いたします。常時販売していませんのでご了承ください。)


鞄の中に佇むお弁当や、お昼休みまでキャビネットで待っているお弁当は、お弁当包みに包まれている姿でいる時間が長いんですよね。そう思うと、主役のお弁当と共に包むものでも是非楽しんでいただきたいなと思いました。

【紹介商品】
「彩り豊かな」花ふきん
猫村さんの花ふきん
撥水加工の弁当ふろしき
motta(ハンカチ)
ごはん粒のつきにくい弁当箱
ごはん粒のつきにくい弁当箱 大
汁もれしにくい曲げわっぱ

関連の特集