益子「いろり茶屋」で味わうイノシシ鍋。益子焼の器に「燦爛」の燗酒を

エリア
タグ

こんにちは。さんち編集部の尾島可奈子です。

旅先で味わいたいのはやはりその土地ならではの料理です。あとは地酒と地の器などがそろえば、もうこの上なく。産地で晩酌、今夜は益子で一杯。

窯元めぐりでお邪魔した「えのきだ窯」さんにいたら、すっかり日も暮れてきました。近くで晩酌できるお店を紹介しようと思うんです、と目当てのお店の名前を告げると、

「ああ、このすぐ裏手ですよ。実はうちの親戚がやっているんです」

これはご縁!わざわざお店まで道案内してくれました。道途中にも、味のある看板が。

道途中の看板
イラストのイノシシが気になります…

急勾配の階段と坂を登りきると、立派な建物が見えてきます。看板には「いろり茶屋」の文字。

坂を登りきって、到着!
坂を登りきって、到着!

「それじゃあごゆっくり」と榎田さんに見送られて、景色の良い窓側の囲炉裏席に座ります。まず目に飛び込んできたのは、囲炉裏の上に吊られた木彫りのイノシシ。

通りから少し丘を上がっただけですが、窓いっぱいに緑が広がります。窓の上には先代が趣味で各地から集めたという大皿のコレクションが
通りから少し丘を上がっただけですが、窓いっぱいに緑が広がります。窓の上には先代が趣味で各地から集めたという大皿のコレクションが
この木彫りは‥‥
この木彫りは‥‥

そう、ここ「いろり茶屋」では年間を通して美味しいイノシシ鍋がいただけるのです。

スープの入った鍋が運ばれてきました
スープの入った鍋が運ばれてきました

普段は煮込んだ状態で出されるというお鍋を、2代目の榎田大介さんがわざわざ目の前で調理してくれました。

これで1人前です!
これで1人前です!
温まった鍋に投入!
温まった鍋に投入!

「イノシシ肉は煮込むとやわらかく、他のお肉にない独特の味わいが出るんですよ」

赤身の鮮やかなお肉は、益子町の北に位置する八溝 (やみぞ) 山系でとれたイノシシ肉。一帯では「八溝ししまる」のブランド名で知られます。

合わせる具材はしいたけ、ニラ、白菜、水菜、長ネギ。全て地元でとれたものです。そこにお豆腐とエノキ。

スープをたっぷりと具材に染み込ませて
スープをたっぷりと具材に染み込ませて
もうそろそろ完成です!
もうそろそろ完成です!

グツグツといい具合に煮えてきました。生姜とにんにく、すりごまを合わせた味噌仕立てのスープの香りが、湯気とともに体を包みます。

よそう器はもちろん益子焼。器はご親戚であるえのきだ窯のものが、やはり一番多いそうです。

完成!もちろんお酒も一緒に
完成!もちろんお酒も一緒に

益子焼らしい厚みのある器は手に熱くなく、あつあつのお鍋の具もスープも夢中で口に運べます。お野菜の出汁とお肉の旨味がスープと絡まって、うまい!体がポカポカとしてきます。

あちこちに益子焼の器が
あちこちに益子焼の器が
この器は、お店まで見送ってくれた榎田智さんの作品だそう
この器は、お店まで見送ってくれた榎田智さんの作品だそう

合わせるお酒は地元益子町の外池 (とのいけ) 酒造が作る「燦爛 (さんらん) 」。燗酒がおすすめだそうで、これからの季節、鍋のお供にぴったりです。

きりりとした水色のパッケージの「燦爛」。冬は是非熱燗で
きりりとした水色のパッケージの「燦爛」。冬は是非熱燗で

お鍋は1人前から頼めるのも嬉しいところ。聞けば2人で1人前分を頼んで、最後にお餅やうどんを人数分スープに入れて締める方も多いとか。

今度は人を連れてわいわい鍋をつつくのもいいな、と独り占めするにはもったいない益子の夜でした。

こちらでいただけます

いろり茶屋
栃木県芳賀郡益子町益子3270
0285-72-4230


文・写真:尾島可奈子