フィリップ・ワイズベッカーが旅する ミステリアスな熊本の「木の葉猿」を求めて

エリア
タグ

日本全国の郷土玩具のつくり手を、フランス人アーティスト、フィリップ・ワイズベッカーがめぐる連載「フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり」。

連載9回目は申年にちなんで「木の葉猿(このはざる)」を求め、熊本にある「木の葉猿窯元」を訪ねました。それでは早速、ワイズベッカーさんのエッセイを、どうぞ。

──────────────────────────────────────

熊本の木葉猿窯元

これが、熊本の小さな猿の先祖だ。

奈良から来たものだと言う人もいるが、それは奈良にあった岩の形に似ているからだという。しかし起源はもっと昔、太平洋のどこかから来たと言う人もいる。

ミステリーだ。今回の旅で出会った中でも、格別に奇妙で驚かされる郷土玩具だ。

熊本の木葉猿窯元

ここから訪問がはじまる!

熊本の木葉猿窯元

この紙垂(しで)を通り抜けたら、ほかの普遍の世界に行けるような気がする。早く入りたい。

熊本の木葉猿窯元

門を抜けたら期待どおりだった。これほど素晴らしいコンポジションを、いったい誰がつくれるだろう?むろんそれは偶然だけだ!

フォルム、マチエール、そして色彩が、時間とともに、見境なしに集積してきたのだろう。

熊本の木葉猿窯元

これも幸せな偶然なのだろう。幻のような不思議で小さな生きものに混じって、死んでしまった古い電球が、錆びたテーブルの上に横たわっている。

熊本の木葉猿窯元

他所で出会った職人とは違い、ここでは型を使わない。手でひとつずつ、形をつくるのだ。

同じものは2つとないし、それは見ているとわかる。

熊本の木葉猿窯元

この、どこから来たのかわからない仮面に、どんな眼差しが隠されているのか?私は知りたい。

熊本の木葉猿窯元

空に向かって、いったい何を見ているのだろう。私には見えないが。

熊本の木葉猿窯元

見ざる、言わざる、聞かざる。多くの謎がこの不思議な猿たちに宿っている。

熊本の木葉猿窯元

物陰の敷物だけに耳を貸し、わずかな物音にも耳を澄ましている。

熊本の木葉猿窯元

物陰から出てきたら、人類のたてるゴチャゴチャを見ず、聞かない。

熊本の木葉猿窯元

猿の国の奇妙な旅は終わろうとしている。最後の幸福なお祈りの後、私の属する世界に戻る。そこは、意味のないことをしゃべり、しっかり見つめることのないものが目に映り、都合のいいことだけを聞く世界なのだ。

──

文・デッサン:フィリップ・ワイズベッカー
写真:フィリップ・ワイズベッカー
翻訳:貴田奈津子

Philippe WEISBECKER (フィリップ・ワイズベッカー)
1942年生まれ。パリとバルセロナを拠点にするアーティスト。JR東日本、とらやなどの日本の広告や書籍の挿画も数多く手がける。2016年には、中川政七商店の「motta」コラボハンカチで奈良モチーフのデッサンを手がけた。作品集に『HAND TOOLS』ほか多数。

関連商品

関連の特集

関連の読みもの