吉報!夏もお持ち帰りできる「本場の明太子」。九州土産の新定番を見つけました

エリア
タグ
佐賀 蔵出しめんたい本舗のめんたいアヒージョ

常温で運べる明太子?

九州からの帰り道、空港でいつも迷う。

本場の明太子をお土産に買いたい。買いたい‥‥!だけど、明太子は要冷蔵。長旅では運べず、いつも諦めてしまっていた。

そんな私に一筋の光が。

手土産として買って帰れる、本場の明太子。その上、あつい夏でも常温で持ち運べる嬉しい逸品と出会ったのだ。

明太子の旨味を閉じ込めた「めんたいアヒージョ」

めんたいアヒージョ
合同展示会「大日本市」で見つけた、めんたいアヒージョ

それが、「めんたいアヒージョ」。今年の2月に発売したばかりの商品だ。

アヒージョといえば牡蠣やきのこメインのものが多い中、こちらの主役は明太子。

まずはそのまま味わい、次にアツアツのバゲットに乗せて楽しむ。明太子の旨味が溶け込んだオリーブオイルは、パスタソースやサラダのドレッシングとしても使える。明太子のおいしさを余すところなく、最後の一滴まで味わえるのが嬉しい。

「めんたいアヒージョ (プレーン) 」
「めんたいアヒージョ (プレーン) 」。明太子の旨みと数種類のスパイスによる香りが魅力。マイルドな味わい
「めんたいアヒージョ (レッドペッパー) 」。唐辛子とガーリックでシンプルに味付け。素材の旨味とピリッとした辛みが一度に味わえる
「めんたいアヒージョ (レッドペッパー) 」。唐辛子とガーリックでシンプルに味付け。素材の旨味とピリッとした辛みが一度に味わえる

「ごはんのおとも」として親しんできた明太子には、和食のイメージがあった。でもたしかに、今では明太パスタや明太フランスなど、洋食の素材としても幅広く親しまれている。それを踏まえ、幅広い世代が気軽に楽しめる明太子の新しい食べ方を模索する中で生まれたのが、この「めんたいアヒージョ」だという。

めんたいパスタ

専門店だからこその技術が、明太子のアヒージョを実現した

作っているのは、佐賀県鳥栖市の明太子専門メーカー「蔵出しめんたい本舗」。

明太子を専門に、独自の製法を長年研究してきたからこそ「めんたいアヒージョ」は生まれた。オイル漬けにしても、明太子そのものの旨みと粒感をしっかりと感じることができるのは、使用している明太子の加工法に秘密がある。

「明太子は熱を加えることで余計な水分が落ち、風味や旨味が凝縮されるという特徴がある」のだそう。その明太子を、スペイン産のピュアオリーブオイルに漬け込むことで、粒感とスパイスの香りを贅沢に閉じ込めた商品が完成した。

明太子

「オリーブオイルは老化防止や美肌効果が高く、健康や美容に効果のある食材と言われることから、女性に人気のある食材です。お土産としてだけでなく、女性へのギフトにもおすすめですよ。

ワインと合わせて楽しんでいただいたり、常温で持ち歩けるので、およばれの時の手土産としても活用いただけます」

試食の際、そんな案内をしていただいた。旅土産の枠を超えて、日常的に活躍する食材になりそうだ。

旅に出たら、その土地の美味しいものをお土産にしたい

せっかく持ち帰るなら、その土地ならではの本当においしいものがいい。要冷蔵の壁を打ち壊してくれた、新しい九州土産。

旅の思い出を、食卓でどうぞ。

<取材協力>

蔵出しめんたい本舗

佐賀県鳥栖市藤木町若桜4-9

0120-877-333

http://www.kuradashi-mentai.com/

文:小俣荘子

関連の特集