【函館のお土産】函館バウハウスの「五稜郭の鍋敷き」

エリア
タグ

こんにちは、さんち編集部の山口綾子です。
わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” を読者の皆さんにご紹介する “さんちのお土産”。第7回目は函館の「五稜郭(陶器製)鍋敷き」です。

函館の観光名所として有名な五稜郭。函館山から約6km離れた函館市のほぼ中央にあります。徳川幕府の命を受けた武田斐三郎(たけだ・あやさぶろう)が設計を手掛け、1864年(元治元年)に完成した日本初のフランス築城方式の星型要塞です。稜堡(りょうほ)と呼ばれる5つの角があり、象徴的な星形の5角形をしています。

goryokaku

この五稜郭をモチーフにした陶器製の鍋敷きが今日のお土産です!ひとつひとつ手作業で作られており、色味も絶妙に違うので2つとして同じものはありません。こちらは「函館バウハウス工房」と、函館の文化・物産を発信するための土産ものづくりを行うコンセプトショップ 「函と館(はことたて)」のオリジナル商品です。パターンは春の桜、夏の深緑、秋の紅葉、冬の白銀、ライトアップされた夜景など、四季によって様々な表情をみせる五稜郭の景観を表現した5パターンを展開しています。

左から「冬の白銀」、「秋の紅葉」、「夏の深緑」、「ライトアップされた夜景」1,500円(税別)
左から「冬の白銀」、「秋の紅葉」、「夏の深緑」、「ライトアップされた夜景」1,500円(税別)
nabeshiki02

五稜郭を訪れた季節に合った鍋敷きを購入してみてはいかがでしょうか。使うたびに函館の思い出がよみがえって来るかもしれませんね。

ここで買いました。

函と館
北海道函館市高松町 511 函館空港 国内線旅客ターミナルビル2F
0138-57-8884

文:山口綾子
写真:函と館
photo AC
山口綾子