バラ農園がつくる、赤いいちごと、いろどりの花束

エリア
タグ

こんにちは。さんち編集部の杉浦葉子です。
あたたかな陽気で、ずいぶん春めいてきました。春においしい果物といえば、やっぱりいちご。冬のあいだは少し高価であまり手が出ませんが、この季節になるとスーパーにずらりと並ぶ真っ赤ないちごを思わず手にとってしまいます。

わたしの住む奈良で有名なのは「あすかルビー」というブランドいちご。地元のスーパーでは「あすかルビー」の歌が流れているほど、奈良県民にはお馴染みのいちごですが、最近「あすかルビー」に続く奈良のブランドいちご「古都華(ことか)」も、よく目にするようになりました。「古都華」は2011年に品種登録され、生産者さんもそんなに多くはない貴重ないちご。知名度はまだあまり高くありませんが、糖度と酸度がうんと高く、大ぶりでジューシーないちごは、一度口にしたとたんファンになる方が多いそうで、県外からも注目を浴びている存在です。
「古都華」は奈良県の西北部に位置する平群町(へぐりちょう)で多く作られているとのこと。美味しいいちごを探しに、平群町のいちご農家を訪ねました。

いちごを求めて「バラ園」へ?

伺ったのは「東バラ園」。ん?バラ?ひとまず、代表の東伸幸(ひがし・のぶゆき)さんにお話を伺いました。「いちごなのに、バラ園?と、よく聞かれます。うちは元々、バラ園からスタートしたいちご農家なんです。いや、いちごもつくっているバラ農家でしょうか。ややこしいですが、どちらもやっています(笑)」と東さん。

平群町はちょうど大阪府との境目にあり、なだらかな丘陵性の生駒山地に隣接しています。東からのぼる朝日がよくそそぎ、西日があまり当たらない地形。内陸盆地ゆえに昼と夜の寒暖差も大きく、それがバラやいちごにとって良い環境をうみだしているのだそうです。

「東バラ園」までは車でぐんぐんと坂道を登ってやってきました。上の方にずらりと並ぶいくつものビニールハウスで、バラやいちごを育てています。
「東バラ園」までは車でぐんぐんと坂道を登ってやってきました。上の方にずらりと並ぶいくつものビニールハウスで、バラやいちごを育てています。

「元々は、しいたけなどをつくる農家だったんですが、僕が大学生の頃に父がバラをはじめたんです。僕が2代目。バラ以外の作物をつくった時期もありましたが、ビニールハウスもあるし他にできることはないかなと考えていたとき、奈良県の試験場が「古都華」を開発して。ハウスを1棟だけいちごに変えてみたらうまくいったんです」。まずは、バラのハウスを見せていただきました。

バラのハウス内。取材に伺ったのは3月でまだ株は小さめ。5月の最盛期に向けてしっかり葉っぱを育てている最中だそう。
バラのハウス内。取材に伺ったのは3月でまだ株は小さめ。5月の最盛期に向けてしっかり葉っぱを育てている最中だそう。
昔は真紅のバラも流行ったものですが、最近はナチュラルな薄緑色のバラも人気。
昔は真紅のバラも流行ったものですが、最近はナチュラルな薄緑色のバラも人気。
小ぶりなものから大ぶりなものまで少量多品種。さまざまな品種を扱っています。
小ぶりなものから大ぶりなものまで少量多品種。さまざまな品種を扱っています。
「悪くなった部分をカットしたらまた芽が出てきますよ」と東さん。思ったよりバラは背が高く、見上げるほどでした。
「悪くなった部分をカットしたらまた芽が出てきますよ」と東さん。思ったよりバラは背が高く、見上げるほどでした。

かつてバブルの時代には高級花としてのイメージが強かったバラも、最近ではカジュアルに楽しめる花として楽しまれています。それにしても、バラといちごって、全く違うもののように思うのですが・・・?

「実は、バラもいちごも同じ『バラ科』の植物なので、育て方はそんなに大きく変わらないんですよ。ハウスはありましたし、品種を変えるにしてもそんなに設備投資も必要なかったのでスムーズでした」と東さん。思わぬところに、バラといちごのつながりがありました。

のびのび育つ、いちごのハウスへ

つづいては、いちごのハウスへ。栽培技術が発達して地面でつくる土耕栽培でなく、少し高い位置にプランターを設置するという高設栽培でつくっています。土耕栽培では日当たりがよくなかったり、地面に接地してしまっていちごが色あせてしまうこともあるそうですが、高設栽培ではいちごが上からぷらんとぶら下がる感じ。いちごものびのびとしていて、なんだかストレスがなさそうです。

高設栽培は、少し高い位置に土を設置。この方法があるからこそ「古都華」が生まれたのだそう。
高設栽培は、少し高い位置に土を設置。この方法があるからこそ「古都華」が生まれたのだそう。
白くて可愛らしい、いちごの花。
白くて可愛らしい、いちごの花。

花が咲くころには、たくさんのミツバチを放って、受粉をうながすのだそうです。いちごには蜜がないので残念ながらはちみつは採れないそうですが、虫に受粉をお願いするという昔からの自然な方法にはなんだか嬉しくなります。

いちごの白い花が咲ききったあと、花芯がふくらんでいちごになります。
いちごの白い花が咲ききったあと、花芯がふくらんでいちごになります。
真っ赤に輝く「古都華」。
真っ赤に輝く「古都華」。
「バラもいちごも似てるんですよ」と、東さん。
「バラもいちごも似てるんですよ」と、東さん。
あれ、ハウスなのに葉っぱにしずくが?
あれ、ハウスなのに葉っぱにしずくが?

よく見ると、屋根のあるビニールハウスの中なのに、葉っぱの先にしずくがついています。「それは、葉水(はみず)といって、元気な証拠ですよ」と、東さん。根からきちんと水を吸って、葉っぱから水を蒸発させる。朝いちばんは、朝日に照らされキラキラと綺麗なんだそうです。

「いちご15ヶ月」といって、いちごは3月から苗を育てはじめ、9月に植え付けると11月から翌年5月頃まで実をつけます。翌年の3月には前年の実をとりながら次の苗を育て始めるので、15ヶ月サイクルの終わりと始めを少し重ねながら繰り返しているということですね。

春は毎朝7時ごろからいちごを収穫、お昼前から夕方まではひたすらパック詰め作業をするのだそう。東さんのお母さん、奥さん、そして子どもさん達も手伝える日は参加してくれるのだとか。いちごの季節は家族総出での作業です!

箱にぎっしり収穫したいちご。これからパック詰めです。
箱にぎっしり収穫したいちご。これからパック詰めです。
サイズを分けながら、一つひとつトレイに詰めていきます。
サイズを分けながら、一つひとつトレイに詰めていきます。
長男の翔太郎くん。この春から農業を学ぶ学校に通うのだそう。
長男の翔太郎さん。この春から農業を学ぶ学校に通うのだそう。
次女の優莉ちゃん。部活動から帰ってから、しっかりお手伝いです。
次女の優莉ちゃん。部活動から帰ってから、しっかりお手伝いです。
ちょっとシャイなおばあちゃん。朝の収穫からパック詰めまで大活躍です。
ちょっとシャイなおばあちゃん。朝の収穫からパック詰めまで大活躍です。
ピンク色の品種「淡雪」と、真っ赤な「古都華」の詰め合わせ。交互に並べて詰めます。
ピンク色の品種「淡雪」と、真っ赤な「古都華」の詰め合わせ。交互に並べて詰めます。

現在ではいちごのハウスが5棟、バラのハウスは1棟にのみに。東さんの奥さま、貴子さんにお話を聞いてみると、バラに対しては強い想いがあるそう。「いちごも良いですが、バラは絶対にやめたくないんです。このバラ園は、お世話になったお義父さんが遺してくれたものだから」。

実は、東さんが家業を手伝いだしてすぐに、お父さまがご病気で倒れられ、急に代替わりをすることになったのだそうです。お父さんはきっと、東さんと一緒にバラをつくることを楽しみにしていたはず。だから、いちごも作るけれど、バラもちゃんと残していきたいのだと奥さまはおっしゃいます。長男の翔太郎くんは「東バラ園」の3代目になるという意志があるそう。お父さまの想いは世代を超えて、東さんと翔太郎くんがこれから一緒に継いでいかれるのですね。