フィリップ・ワイズベッカーが旅する たった一刀で形づくる、木彫りの亥を求めて

エリア
タグ

日本全国の郷土玩具のつくり手を、フランス人アーティスト、フィリップ・ワイズベッカーがめぐる連載「フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具十二支めぐり」。

いよいよ最終回となる連載12回目は、亥年にちなんで「奈良一刀彫りの亥(イノシシ)」を求め、奈良の大林杜寿園を訪ねました。それでは早速、ワイズベッカーさんのエッセイを、どうぞ。

──────────────────────────────────────

奈良のせんとくん

亥に会うため、奈良に来た。
いったい何処に隠れているのだ?鹿の存在は、あちこちにあるが。

横断歩道を渡っている鹿

横断歩道にて。

奈良の道路に描かれた鹿のマーク

道路上にて。

鹿をかたどった彫刻

私たちが訪ねた一刀彫り職人の工房のウインドーにまで‥‥。たまげた!

職人

あぁ、やっと!亥が現れた!

職人は、すでに作業にとりかかっている。
一刀彫りという技術で、楠の塊を彫っている。

一刀彫りで作られた木の犬と道具

しかしこれはデモンストレーション用で、実のところ、今は戌を制作中だという。

犬の写真

この写真がお手本になっているということか。ふむ‥‥。

干支の木彫り人形

板の上に並べられたのは、戌、亥、そして干支の仲間たちだ。

訪問は終わった。私の眼差しは、あちらこちらをさまよい、止まる。

お茶会の様子

鹿(そして亥)の国の訪問の後は、中川政七商店本社での忘れがたいお茶会だった。

──

文・デッサン:フィリップ・ワイズベッカー
写真:フィリップ・ワイズベッカー、貴田奈津子
翻訳:貴田奈津子

Philippe WEISBECKER (フィリップ・ワイズベッカー)
1942年生まれ。パリとバルセロナを拠点にするアーティスト。JR東日本、とらやなどの日本の広告や書籍の挿画も数多く手がける。2016年には、中川政七商店の「motta」コラボハンカチで奈良モチーフのデッサンを手がけた。作品集に『HAND TOOLS』ほか多数。

関連商品

関連の特集

関連の読みもの