山形県には「山から福がおりてくる」…手仕事伝えるブランドからの“暮らしの提案”

エリア
タグ
山から福がおりてくる

「どうぞ、ゆっくりしていってください」

そう言われて、手招きされた先はこたつでした。

山から福がおりてくる

これは合同展示会「大日本市」でのひとコマ。この一画だけ、まるでおばあちゃんの家のような雰囲気です。

ブース中央には「山から福がおりてくる」というポスターが張り出され、そのまわりには張子人形や織物のバッグ、黒豆茶やカップ納豆汁といった食べ物など、様々なものが並んでいます。

山から福がおりてくる
山から福がおりてくる
山から福がおりてくる

山からの恵みに育まれてきた暮らし

「『山から福がおりてくる』は、山形の手仕事を紹介するブランドです」

そう教えてくれたのは、山形出身・在住のクリエイティブディレクター、吉野敏充さん。

どうりで取り扱うアイテムが幅広いわけです。

山から福がおりてくる・吉野敏充さん
吉野敏充さんは、「山から福がおりてくる」のロゴデザインやPR、販売などを担当しています

もともと、山形の工芸品の新たな商品企画やリブランディングを手がけてきた吉野さん。個々に活動している手仕事の工房や職人たちをまとめて、「山から福がおりてくる」の名のもとに山形の手仕事を広く紹介しています。

「山形には、山や雪に囲まれた中で培ってきたものづくりがたくさんあります。それらを『福』ととらえて、ふだんの暮らしの中に取り入れていくことを提案していきたいんですよね」

山から福がおりてくる
ブランドロゴは、太陽、雨、山、川、土と、山形の自然を表現したそう

山形のモノ、体験を届ける

山形には兼業農家が多く、農家の夜仕事や冬仕事をベースにしたものづくりが多いとのこと。

こうした地域の暮らしに根付くものづくりの文化を絶やさぬよう、受け継いでいくことも「山から福がおりてくる」の一つの使命だといいます。

こちらの珍しい形をした注連縄 (しめなわ) も、そんな山形ならではの手仕事の一つ。地域の藁職人に学び、作り方を継承しています。

山から福がおりてくる
米どころである山形県庄内地方に伝わる、米俵をモチーフにした注連縄。五穀豊穣の願いが込められています

ある時は、山形で様々なものづくりをしている人たちを引き合わせることで新たなプロダクトを生み出すことも。

山から福がおりてくる
木工職人と蔓細工職人によるコラボアイテム。東北地方の木材で作った箸と最上地方のヤマブドウの皮でできた箸留め兼箸置き
山から福がおりてくる
最上地方に伝わる長沢和紙と藁の水引を組み合わせた熨斗袋。謙虚さや潔さが漂う風合いです (写真提供:山から福がおりてくる )

また、ある時は、伝統的な山形のものづくりに現代的な発想やデザインを取り入れた新しい提案もしています。

山から福がおりてくる・ツルヤ商店 猫ちぐら
明治40年創業の籐工芸の老舗、ツルヤ商店の職人による猫ちぐら「nejiro」。既存商品として作られていた脱衣かごを見て、「これを重ねたら猫が入るのでは?」とひらめいたんだとか (写真提供:山から福がおりてくる )
山から福がおりてくる
手編み草履の老舗、軽部草履からの「若い人に草履を履いてもらいたい」という相談から生まれた「irozori」。カラフルでポップなデザインだけでなく、通常、真ん中にある鼻緒の位置を少しずらして、草履を履き慣れていない人でも最初から履きやすいように工夫を施してあります
山から福がおりてくる
工房ストローが作る藁細工のオーナメントを吊り下げてモビールに (写真提供:山から福がおりてくる )
山から福がおりてくる
犬や猫、馬など様々な動物をかたどったオーナメントの組み合わせは自由。インテリアとして現代のお部屋にもなじみそうです

さらに、「売っておしまい」ではなく、山形のものづくりを未来につなげていく取り組みとして、「モノ」だけでなく「体験」も提供していこうとしています。

山から福がおりてくる
山菜採りや山伏体験など、山形の自然や文化が感じられる体験を多数用意

「いまはモノがあふれる時代。これから先、ずっとモノだけを売り続けるのは難しいと思うので、山形に足を運んでもらい、体験を通して山形やモノのよさを伝えられたらと考えています」

こうして様々な形でたくさんの人たちと協力する中で、改めて見えてきたことがあると吉野さんは言います。

「つくる人が皆やさしい。マイペースだから作業は決して早くはないんですけど、僕らが提案することを嫌がらずにやってくれるんです」

地域の人たちが惜しみなく共有してくれる、“山から届いた福”の数々。

そんなやさしさあふれる福のおすそ分けにあずかったら、なんだかいいことがありそうな気がします。

芽吹きの季節、山からの福をたっぷり享受してみたくなりました。

<取材協力>

山から福がおりてくる

http://yamakarafuku.jp/

文:岩本恵美

写真:志鎌康平 (トップ写真) 、中里楓