【はたらくをはなそう】生産管理 萩原麻実

萩原麻実
(生産管理課 部材管理担当)

2013年入社。
中途入社し生産管理課に配属。
生地以外の材料の仕入業務・在庫管理を担当。
2014年より300周年事業である大日本市博覧会 新潟博覧会の企画、商品開発に特化したコンサルティングを担当。

中川政七商店に中途採用で入社してちょうど2年が経ちました。
本当にあっという間で、それだけ無我夢中だったんだなぁと思います。

社会人なりたての頃、上司から「自分の頭で考える癖を今のうちから身につけなさい」と言われました。

新人なので、てっきり一から教えてもらえるものと思っていたので、知識がない中でどうやって仕事をすればいいんだろう・・と悩みました。
でも次第に、自分の言葉で相手に説明すること、要は仕事に対して責任を持ちなさいという意味だと私なりに理解するようになりました。

それからは自分の言葉で伝えるには、自分を一番に納得させることだと思って仕事をしています。
自分がいい!と思っていないと自信がないままで、相手にもきっと納得してもらえないと思うからです。

仕事なので思うようにいかないことも、苦しいときもあります。
そんな時は課題に対して「そもそも」に立ち返ることにしています。
目的や意図、成功した後の姿が整理されると自分がどうしたいかが見えてきます。
やりたいことがわかると後は前に進むだけ!です。
向く方向がわかると周囲にも伝わってアドバイスをいただいたり、時に思いがけず助け船を出していただくことも!笑
そんなときやっぱり仕事ってひとりでできないんだなぁと実感します。
そうやって少しずつですが頭をフル回転させて周りの手を借りながら、答えを見つけて前へ進みます。

あとは緊張感も大切ですが、時に冗談を言い合って笑うことも必要です!笑
笑うと不思議と心がスッキリして気持ちが切り替えられます。

私は自分が納得いく仕事ができて、それに共感してもらえたときが一番嬉しいです。
進んだ道が間違ってなかったんだなぁ、と安心できるからかもしれません。笑

周りの人や自分、そして結果に対して真摯でいるために当たり前のことをきちんとやろうと思います。
自分の伸びしろを信じて、これからも日々精進していきます!

関連の特集