【わたしの好きなもの】かや織のストール

タグ
かや織のストール

気兼ねなく使える、かや織のストール

寒暖差のある季節の変わり目。
日中は暑いくらいなのに、朝晩は少しひんやりすることも。春先や秋口の装いの首元には薄手のストールがあると通勤途中や、おでかけのときの防寒になります。

春先だと直前まで使っていた冬物のストールではちょっと暑い、夏から秋口だと、そろそろストールをクローゼットから出そうかな?と考えるタイミング。朝晩で気温差のあるときに便利なのが「かや織のストール」なんです。

もともと「花ふきんをストールにして巻きたい」というお客様のお声から生まれたこのストールは、素材がロングセラーの「花ふきん」と同じもの。目の粗いかや織の生地を2枚あわせ、洗い加工でふんわりとした肌触りになっているんです。
吸水と速乾性に優れたかや織仕立てで、汗をよくとり、すぐに乾くため、汗取りや日よけアイテムとして夏からでも使えるのはうれしいポイントです。

もちろん、汗をかいたなと感じたらお手入れも簡単です。
ネットに入れて普通の洗濯ものと同じように洗えます。干すときは半分に畳んで、バスタオルハンガーに広げて干しています。花粉が気になるときは、部屋干しをしていますが、1日干せばあっという間に乾いてしまいます。

広げれば横53cm、縦180cmの大判サイズで、首に巻くとふんわりとボリュームが出ますし、日よけとして羽織りにしたり、四つ折りにしてひざ掛けにしたりと便利な大きさです。

通気性のいいかや織生地のおかげか、マスクをしていても暑苦しく感じないので、出番が多く、いつでも使えるように、たいていかばんに入れて持ち歩くようになりました。

もともと柔らかなシワ感がある生地なので、くしゃっとかばんに丸めて入れていても、次使うときにシワが気になることもなく、気兼ねなく使えるのも出番が多い理由かもしれません。

<掲載商品>
かや織のストール

関連商品

関連の特集

関連の読みもの