ランドセルづくりで培った技術が活かされた、大人のリュック「IKUTA KABAN SQUARE」

タグ

日本各地から五十を越える作り手たちが集う中川政七商店主催の合同展示会「大日本市」。 その運営を担うメンバーは、日々、全国の作り手と交流し、年間何百という品物に出会う、いわば「いいもの」の目利き集団。 この連載では、そんな彼らが「これは」と惚れ込んだ逸品をご紹介。実際に使ってみての偏愛を語ります。

福井 隆史

語り手:福井 隆史

中川政七商店主催の展示会「大日本市」の実行委員。長く愛用できるスタンダードなものが好きで、日々使用しお手入れして出てくる表情にグッときます。相棒のように愛用品を身につけ、気持ちよく散歩するのが好きです。

ブランド:IKUTA KABAN
推しの逸品:SQUARE

70年間本革ランドセルにこだわってきた生田だからこそできる新しい挑戦は何か、考え抜いた末に行きついたのはやはり「背負うかばん」でした。初めてランドセルを背負ったワクワクを思い出させるような「背負う」にこだわったかばんをつくりたい、その志を元にたちあげたのが『IKUTA KABAN』です。
ほとんどの人が、小学生時代に「ランドセル」を背負っていたのではないでしょうか。
ランドセルってすごいですよね。ほぼ毎日の登下校に、教科書をたくさん入れたり、リコーダーを入れたり、公園で遊ぶときには大雑把に道端に置いたり…。

6年間どんなにやんちゃに使っても、僕のランドセルは全く壊れずに連れ添ってくれました。そういえば、ランドセルを買い替えなおす友達もいなかったような。

最近通勤途中に、元気に登校をする小学生の集団を見て、ランドセルのような頑丈なリュックがあったらいいなー。でも、大人がランドセルを背負うわけにもいかないよな…。
なんて思っていました。

そんな矢先、まさかの出会いが!
僕の目に止まったのは「IKUTA KABAN SQUARE」。

一目惚れと言っていいほどの出会い。これだ!と思わず声が出てしまうほど、言わば “大人のランドセル” を見つけたのです。


IKUTA KABAN SQUARE

「IKUTA KABAN SQUARE」は、見た目はランドセルではありません。でも、四角くてどこかランドセルを思わせるような佇まい。都会的でありながら、自然皮革だからこその質感もあいまって優しさも感じられる絶妙さ。オールレザーだから高級感も感じられます。
実はこのかばん、手作りの本革ランドセルづく作りの技術から生まれたのです。ランドセルの製造技術を応用した作りで、頑丈でありながら背負いやすさも◎
まるで、リュックと一体化したと感じるほどの背負いやすさです。

なぜ、こんなにも背負いやすいのだろう。僕の疑問の答えは、細部のつくりにありました。


IKUTA KABAN SQUARE

「肩ベルト」の付け根にご注目ください。あーランドセルっぽい!そう思いませんか?
本体に肩ベルトが直接固定されておらず、輪っか状の金具が取り付けられています。これは、可動域を広く設けることができるランドセルの機能が用いられていて、どんな体型の方にも合うよう配慮したつくりになっています。

これが背負いやすさの秘密だったんですね。
6年間、大きく変化する体型に合うようにつくられるランドセルの技術が活かされていると思うと、納得のフィット感です。
こんな細部にも、頑丈さだけでなくランドセルの技術が応用されているなんて。


IKUTA KABAN SQUARE

もうひとつ、このカバンならではの魅力が。
なんと、メインスペースがぱかーんと180度も開くのです。

1日分の着替えなら充分入るので、ちょっとした出張にも役立ちそう。
僕は動きやすさを優先したいので、出張のお供はいつもリュック。宿泊先のホテルでリュックの底に入れた着替えを出すことにいつも面倒で困っていたのですが、これなら荷物をリュックから全部出す作業の必要もなくなりそう。


IKUTA KABAN SQUARE

収納ポケットも充実していて、大切なノートパソコンもかばんの中でごちゃごちゃすることもありません。内側だけでなく外側にもポケットが2つついています。ひとつはサイドファスナーで開けられる仕様なので、出し入れの多い財布の収納にぴったりですね。

正直、ぱかーんと開くリュックは初めて見ました。荷物を整理しやすいのは、出張が多い僕にはとても魅力的です。小旅行にも役立ちそう!


IKUTA KABAN SQUARE

そういえば、荷物はたくさん入るのに、ごつごつと大きい印象がありません。

正面から見たら四角いですが、横から見るとかばんの上部には傾斜が。これにより、頼れる収納力でありながら、圧迫感がなくシュッとした印象に。
大人らしい雰囲気で、普段着はもちろん、これならスーツにもよく合いそう。

オールレザーのため少し重たく感じますが、見た目は重々しくないので、大きめのリュックが欲しいという女性の方にもおすすめですよ。

革の風合いも良いですね。革の醍醐味といっても過言ではない、エイジング(経年変化)も愉しめそう。
まだ出会ってすぐなので大きな変化はありませんが、どんな色に育ってくれるか楽しみです。使うほどに革も柔らかくなって、体に馴染んでいくそうなので、それも楽しみです!


IKUTA KABAN SQUARE

初めてランドセルを背負ったときの、あのわくわく感。
大人になってまた味わえるなんて、思ってもみませんでした。

6年間とは言わず、ずっと大切に使っていきたいと思います。


商品詳細はこちらから

<関連特集>

関連商品

関連の読みもの