【沖縄のお土産・さしあげます】沖縄の屋根から生まれた、新垣瓦工場の「赤瓦コースター」

エリア
タグ
色も形も様々なバリエーションがあり、好みに合わせて選べます

わたしたちが全国各地で出会った “ちょっといいもの” を読者の皆さんへプレゼントする「さんちのお土産」。

今回は、古くから沖縄で使われてきた赤瓦から生まれた、新垣瓦工場の「赤瓦コースター」をお届けします。

赤瓦コースターとグラス
色も形も様々なバリエーションがあり、好みに合わせて選べます
色も形も様々なバリエーションがあり、好みに合わせて選べます

強い雨から暮らしを守った赤瓦

沖縄を訪れると、赤い瓦を白い漆喰で留めた美しい屋根が目を引きます。首里城にもこの赤瓦がふんだんに使われています。

沖縄の赤瓦屋根
沖縄の赤瓦屋根

この赤瓦屋根は、古くから強い台風やスコール、塩害から沖縄の人々の暮らしを守ってきました。赤瓦は吸水性と速乾性に優れていて、雨水を吸い、晴れた時に蒸発させます。その気化熱によって沖縄の家を涼しく快適にしていました。

建築技術の変化とともに赤瓦屋根を使う家は減りましたが、この赤瓦の特性を活用した製品が暮らしの中で使われています。その一つが赤瓦コースターです。

開発した老舗瓦工場「新垣瓦工場」を訪ねました。

赤瓦の一大産地であった与那原町にある、新垣瓦工場
赤瓦の一大産地であった与那原町にある、新垣瓦工場

飲み会での応急処置から生まれたアイデア

きっかけは、飲み会の席でのこと。

「息子が友人と工場に集まって飲み会をしていました。氷の入ったピッチャーやグラスの水滴がテーブルに流れて、周りに置いてある書類などを濡らしそうになりました。それで、手近にあった赤瓦を敷物がわりに使ってみたら、見事に水を吸って周りを濡らさずに済んだそうです。

もちろん赤瓦の特性は知っていましたが、この活用方法を聞いて、なるほどと」

お話を聞かせてくださった社長の新垣文男さん
お話を聞かせてくださった社長の新垣文男さん

「この特性を生かしてコースターを作ったら喜ばれるのでは?と試作をしてみました。瓦をそのまま焼くと反ってしまうので、プレス機を作ってまっすぐに焼けるよう工夫したり、テーブルウエアとして使っていただけるデザインを試行錯誤しました」

こうして生まれた赤瓦コースター。吸水性と速乾性に加え、表面に凹凸のあるデザインにすることでグラスに張り付かない工夫もなされています。使い勝手が良いのは嬉しいですね。

今回のお土産

今回のお土産は「赤瓦コースターLACE」。食卓に溶け込む、柔らかい色合いの桃色と青色の2色を選びました。

織物のコースターに着想を得たレースデザインのコースター。人気のデザインです
織物のコースターに着想を得たレースデザインのコースター。人気のデザインです

グラスの水滴が涼を誘う、冷たいお茶やビールを楽しむこれからの季節に活躍してくれそうです。

さんちのお土産をお届けします

この記事をSNSでシェアしていただいた方の中から抽選で1名さまにさんちのお土産「赤瓦コースターLACE」桃色と青色をセットでプレゼントします。応募期間は、2018年6月4日〜6月17日までの2週間です。

※当選者の発表は、編集部からシェアいただいたアカウントへのご連絡をもってかえさせていただきます。いただきました個人情報は、お土産の発送以外には使用いたしません。ご応募、当選に関するお問い合わせにはお答えできかねますので予めご了承ください。たくさんのご応募をお待ちしております。

ここで買いました

新垣瓦工場

沖縄県島尻郡与那原町字上与那原452−2

098-944-1017

http://arakakikawara.jp/

工場に併設されたショップ
工場に併設されたショップ
様々なデザインと色とりどりのコースターや鍋敷き、同じく赤瓦の特性を生かしたアロマストーンなどが並びます
様々なデザインと色とりどりのコースターや鍋敷き、同じく赤瓦の特性を生かしたアロマストーンなどが並びます

文:小俣荘子

写真:武安弘毅

使用イメージ画像提供:新垣瓦工場

関連の特集