京都国立近代美術館で「技を極める―ヴァンクリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」開催中

エリア
タグ
ポスター画像
ポスター画像

4月29日(祝)〜8月6日(日)まで、京都国立近代美術館では「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を開催中です。この展示は、フランスの「ヴァン クリーフ&アーペル」のハイジュエリーと日本の工芸を対比、日仏の熟練技術の粋を紹介するというもの。

《パンピーユ イヤリング》ヴァン クリーフ&アーペル コレクション
《パンピーユ イヤリング》ヴァン クリーフ&アーペル コレクション Patrick Gries © Van Cleef & Arpels

ヴァン クリーフ&アーペルは、独自のスタイルと優れた技術で知られ、ハイジュエリー分野の世界で高く評価されています。同社はハイジュエリーを中心とした展覧会を世界各国で開いており、今年は京都での開催となります。

京都は、1200年以上前から明治維新まで、天皇が鎮座していた都市。文化の中心として雅な世界が繰り広げられ、フランスの首都・パリで創業したヴァン クリーフ&アーペル同様、熟練した職人たちの粋が詰まった最高級の品々が生み出されてきました。

並河靖之《蝶に花丸唐草文飾壺》京都国立近代美術館蔵
並河靖之《蝶に花丸唐草文飾壺》京都国立近代美術館蔵 撮影:江崎義一

本展では、1906年から現在まで、1世紀以上の歴史を持つヴァン クリーフ&アーペルのデザインの技を極めた超絶技巧のハイジュエリー作品およそ270点と、日本の超絶技巧の七宝や陶芸、漆芸、金工といった工芸作品約70点も併せて鑑賞できます。

四代長谷川美山《京都名所図透彫飾壺》京都国立近代美術館蔵
四代長谷川美山《京都名所図透彫飾壺》京都国立近代美術館蔵 撮影:木村羊一

日本からは森口邦彦(重要無形文化財「友禅」保持者)、北村武資(重要無形文化財「羅」「経錦」保持者)、中川清司(重要無形文化財「木工芸」保持者)、服部峻昇(漆芸)、十二代三輪休雪(龍作、陶芸)らの作品が展示され、特別出展としてハイジュエリーと工芸のコラボレーション作品も展示されるとのこと。フランスと日本の文化交流、そして融合の一端が見られるだけでなく、未来への新しい視点が生まれてきそうです。

「技を極める―ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」

会期:4月29日(祝)〜8月6日(日)
会場:京都国立近代美術館
入場料:一般 1500円/大学生 1100円/高校生 600円
オフィシャルサイト:http://highjewelry.exhn.jp/