東京で工芸を体験する100日間!「21世紀鷹峯フォーラム」開催中!

エリア
タグ
sunchi_takagamine_1

東京で300の工芸とつながる、100年後に残る工芸のための100日間。

東京という多様な側面を持つ都市で、100日間に100の連携機関による、300の工芸イベントが開催されます。
東京には、江戸時代より日本各地の工芸の山地から一流の製品が集まり、様々な場所で様々な人たちに生活の中で使われてきました。また今では東京には、美術館・博物館、教育機関、研究所、団体、ギャラリー、ホテル、そして料亭に至るさまざまな施設があり、工芸の名品・新作、そしてよき使い手が集まっています。
この東京で、一人ひとりがあらためて工芸を「見て」「触れ」「体験」し楽しみながら、工芸を取り巻く未来への課題を考え、解決のために参加する、そのきっかけをつくろうと考え、21世紀鷹峯フォーラムは企画されました。

このフォーラムでは、
①よき使い手とよき鑑賞者を生みだす、
②よいものをつくり続けるための支援、
③国内外の現代の生活の中に工芸が行き渡る、
以上3つの課題に取り組んでいきます。
連携の美術館・博物館においては、「素材とわざ」「朱」に焦点をあてた展示や、「次世代への教育普及」のためのワークショップ、シンポジウムを開催するところがあります。

sunchi_takagamine_2

■イベント名 21世紀鷹峯フォーラム  
■開催期間 2016年10月22日(土)~1月29日(日)
■会場 東京都内全域
■主催 100年後の工芸のために普及啓発実行委員会(女子美術大学美術館 東京国立博物館 東京文化財研究所 東京国立近代美術館 東京藝術大学 東京藝術大学大学美術館 東京都江戸東京博物館 東京都庭園美術館 女子美術大学 多摩美術大学 多摩美術大学美術館 文化学園大学 文化学園服飾博物館 武蔵野美術大学 武蔵野美術大学美術館・図書館 一社)ザ・クリエイション・オブ・ジャパン(COJ)) オールジャパン工芸連携 京都/東京/金沢実行委員会
■助成 文化庁 平成28年度地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業
■後援 経済産業省 東京都 京都府 石川県 東京商工会議所 公財)日本デザイン振興会 NHK 朝日新聞社 毎日新聞社 読売新聞社 日本経済新聞社 産経新聞社
■協力 森ビル(株) 東日本旅客鉄道(株) 三井不動産(株) メイ・ウシヤマ学園 (株)島津製作所 DICグラフィックス(株)
■協賛 大日本印刷(株) (株)ピーエス 湖山医療福祉グループ 三菱地所(株) (株)日建設計 サントリーホールディングス(株) (株)八洋 島村楽器(株)
■実行委員会 会長 馬場章[女子美術大学美術館長]
副会長 林田英樹[一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン代表理事]
■特徴
●工芸を身近に「100日間の東京工芸散歩! 」
無料配布のガイドブック、webページには、秋から冬にかけたこの100日間、「21世紀鷹峯フォーラム」に参加した機関だけでも300に及ぶ、工芸にまつわる展覧会、展示、ワークショップ、講演会の情報を網羅しています。 この東京には、江戸時代より日本各地の工芸の産地から一流の製品が集まり、さまざまな場所でさまざまな人たちが使ってきました。
●「連携」によってできる自分だけの工芸体験
ガイドブックでは、エリアだけでなく、「みる」「体験する」「学ぶ・ふれる」という行動による分類、工芸の分野での分類など分けています。ご自分の好きな分野を集中的に回ったり、講演会をいくつか出席して、自分だけの「連続講座」を組んでみたり、実演でつくり方を幾種類も見て歩いたりと、ご自分でプログラムを組んでいただくことが可能です。
●数多いに連携によって「工芸の現在」が見える
色分けされた分野や、テーマの補足を追うと「漆」や「染織」が多くなっているなど、つくり手、展示する側、みる側、使い手を問わず、 近年の一つの動きがみて取れるかもしれません。
●工芸の課題を私ごととして考え参加できる機会
主催イベントは、工芸の現在における課題を社会の問題として共有できることを目指して開催していきます。
・「円卓会議」 有識者、つくり手、つなぎ手、使い手が揃い意見を交換する、工芸版「ダボス会議」。課題や方向性の共有
・「こども工芸ワークショップコレクション」 次世代に工芸の魅力を伝え、未来の使い手を育てていくプログラムづくり
・「絶滅危惧の素材と道具」 問題の精査と未来でも制作を続けられるための環境づくり
・「つくるフォーラム」 使う目的と納品先を明らかにした、新しい公募のかたち
・「モリタテ!工芸塾」 工芸の新しい市場をつくるための多角的な視点による勉強会
■公式サイト: http://takagamine.jp/2016_tokyo/

ぜひ足を運んで日本の工芸に触れてみてください。

「100年後に残る工芸のために」普及啓発実行委員会
事務局: 一般社団法人ザ・クリエイション・オブ・ジャパン
〒104-0061 東京都中央区銀座5-3-12 壱番館3階
TEL: 03-3573-3339 FAX: 03-3573-3315
Email: info@thecreationofjapan.or.jp
内容に関する問い合わせ: 担当)坂井
Email: takagamine@hensyu.jp TEL: 03-6691-9152 (坂井編集企画事務所 内)