日本全国

萩焼とは

「萩の七化け」で愛される茶碗の特徴と歴史

萩焼

萩焼の基本情報

  • 工芸のジャンル

    陶器・磁器

  • 主な産地

    山口県萩市

  • 代表的な作り手

    三輪休和

萩焼とは

山口県萩市を中心に作られる陶器。焼き締りの少ないざんぐりと柔らかな土には吸水性があり、長年使い続けることで茶や酒が浸透し、茶碗の色彩が変化することが特徴。変化する景色の美しさが見所となり、茶人たちの間で「一楽、二萩、三唐津」と呼ばれ、愛でられてきた。

茶道具として親しまれることの多い萩焼は、形や装飾が簡素で、絵付けされることが少ない。土の配合、釉薬のかけ具合、ヘラ目 (ヘラ削りのよってできた景色)、登窯での焼成による作用などで多様な表情が生み出される。

萩焼
焼成 (窯焚き)

「萩焼」の歴史

萩焼は、戦国大名の毛利輝元が関ヶ原の戦いの後、1604年に萩へ本拠を移した後に萩城下東郊の松本 (現在の萩市椿東中の倉) に萩藩の御用窯として開かれた。開窯の中心となったのは、朝鮮半島から召致された李勺光 (りしゃっこう) や李敬 (りけい) らの陶工。侘茶の茶碗として人気を博した「高麗茶碗 (こうらいちゃわん) 」の技芸を持つ陶工によって朝鮮王朝の様式を伝承する茶陶を中心に発展した。

江戸時代
萩の地は古くから良質な陶土に恵まれていたと考えられており、一説には古代の窯業地であったといわれる。そうした風土に加え、毛利一族の武将たちが大名茶人であったことも茶陶としての萩焼発展に寄与していたと考えられている。

開窯から半世紀、李勺光の子である山村作之允が、坂高麗左衛門 (李敬の日本名、坂助八とも) と共に御用窯の作陶を率いていたが、1657年に作之允の子の山村光俊は弟子たちとともに深川 (現在の長門市深川湯本) に移住し、第二の御用窯を創業。藩の配下に置かれたが、自分焼 (自家営業) を認められ、半官半民の窯となった。そのため萩本藩以外の支藩とも交流が深い窯となった。

一方で、松本の御用窯では1663年に初代佐伯半六と初代三輪休雪 (みわ きゅうせつ) が御雇細工人に加えられ、萩焼は生産力の増強とともに質的な発展をみせる。当初の高麗茶碗を手本とした形態のみならず、織部好み風のもの、さらには三輪休雪により「楽焼」が導入され日本独自のデザインへと広がる。この後、幕末まで侘び数寄の茶陶に加え、煎茶具や細工物など多様な器を生産する産地となる。

明治・大正時代
明治維新により藩の御用窯は民営化され、経営面で苦境に立たされる。窮地からの復活のきっかけとなったのは、1977年 (明治10年) に始まった内国勧業博覧会。9代坂高麗左衛門が鳳紋賞碑を受賞、店には豪商三井家の当主が連日足を運ぶなど注目があつまった。さらに1981年 (明治14年) の第2回展では、坂家は有功賞碑、美輪家は一等賞を受けて、双方とも宮内省買い上げとなって萩焼の名声を高めた。また、表千家の十一代碌々斎 (ろくろくさい) が2度に渡って萩を訪れており、萩焼と表千家の結びつきのきっかけとなった。とはいえ続く不況の中で、茶陶のみならず日用雑器づくりや、置物、萩焼の帯留めをはじめネックレスなどの海外観光客に喜ばれる装身具にも手を広げて生産を続けた。

昭和時代
太平洋戦争下の物資欠乏の時代には、工芸時術保存資格者認定のもとで萩焼の伝統を維持し、戦後の混乱期には日用雑器を中心に生産し戦後の人々の暮らしを支えた。萩焼の技術や伝統を維持する窯元同士で「萩焼美術陶芸協会 (現在の萩陶芸家協会) 」を1949年に設立。相互の研究練磨や親睦を計る母体となった。

高度経済成長期に入ると茶道や焼き物が盛り上がりを見せ、萩焼の需要が拡大。改めて脚光を浴びることとなり、現在に至る。

萩焼
萩焼

現在の「萩焼」

太平洋戦争前後から徐々に個人作家の作陶活動が盛んになり、現在は日本を代表する陶芸文化として知られるようになった。

1956年には山口県指定無形文化財に指定、1970年に三輪休和 (十代休雪) 、1983年に十一代三輪休雪 (のちの壽雪)が人間国宝として認定され、1990年には吉賀大眉 (よしか たいび) が文化功労者に選ばれるなど芸術性が高く評価されている。

特徴と使われ方

登窯でゆっくりと低温で焼かれる萩焼は、焼締が少なく土が柔らかい仕上がりとなる。吸水性に富み、貫入 (かんにゅう) と呼ばれる表面にできた細かいひび模様を通じてお茶などが染み込み、色合いが変化して味わい深い景色を生み出す。これを「萩の七化け」と呼ぶ。

萩焼の多くが茶陶として作られ、中でも茶碗の数が圧倒的に多い。高麗茶碗に通じる、詫びや寂を感じられる姿が茶の湯の世界で好まれ、「一楽、二萩、三唐津」と言われるほど。

萩焼

萩焼のお手入れ方法

吸水性があるため、液体が沁み込みやすい。使うほどに色調が変化して魅力を呼ぶ一方で、手入れを怠るとカビが生じることもあるため注意が必要だ。

初めて使う時は、中に入れた液体が染み出す可能性がある。半日ほど水にひたし、その後しっかりと乾燥させてから使用すると長く使えると言われている。貫入のある器の場合は、使用前に吸水させておくことで料理の水分や油分が沁み込むことを防止できる。使用後はふきんで拭いた上で、十分に乾かしてからしまうと良い。

<参考資料・情報提供>
・石﨑泰之 著『日本のやきもの 窯別ガイド 萩』淡交社(2002年)
・河野良輔・榎本徹 監『図録 萩焼400年展 – 伝統と革新-』朝日新聞社(2001年)
・中里太郎衛門・高鶴元・河野良輔 著『日本のやきもの5 唐津・上野・高取・萩』講談社(1991年)
・萩陶芸家協会
http://hagi-tougei.com/
(以上サイトアクセス日:2020年2月4日)

<画像提供>
萩陶芸家協会

陶器・磁器

  • 薩摩焼

    薩摩焼

  • 常滑焼

    常滑焼

    急須から招き猫まで幅広いものづくり

  • 三川内焼の平皿

    三川内焼

    白い磁器に青い絵柄の染付が印象的な焼き物

  • 瀬戸本業窯の豆皿

    瀬戸焼

    うつわの代名詞にまでなった「せともの」

  • 伊賀 土鍋

    伊賀焼

    三重県伊賀市を中心につくられる耐火度の高い焼...

  • 笠間焼

    関東で最も古い歴史を持つ焼き物

  • やちむん

    やちむん

    沖縄独特のものづくりが今に伝わる

  • 小代焼

    小代焼

    雪の降ったような美しい白