【わたしの好きなもの】綿シルクのネックウォーマー

首元を守ってくれる綿&シルクコンビ!


私は冬の寒さが大の苦手で、冬になるといち早く冬用の靴下やインナーを着込みます。もちろん出かける時の首元もあったかくして出かけたい。

ということで、私が出勤中のリュックに常に入れているのが、綿シルクのネックウォーマー。2015年から販売している冬の定番品。
もちろんマフラーやスヌードなど服装に合わせて使うものも、いろいろ持ってるんですよ。しかし、このネックウォーマーはお守りみたいなもので、寒くてしょうがない時にどうにかしてくれるアイテムなんです。




ネックウォーマーのいいところは、マフラーやスヌードよりも首にぴったりしてて、ずれないし、なんといっても風が入ってこない!この隙間風みたいなのが、意外と寒さを感じやすくするといいますか、マフラーだとつい首全体を覆えるように手で持ってしまいます。しかし、これだとずれないし、あご辺りまで覆えるし、かさばらないので分厚いダウンだったら内側にすっきりと収まります。
自転車でも万全の防御で風から守ってくれます。




商品名にもあるように、素材には綿とシルクが使われています。あれ?ウールじゃない?ってなりませんか。しかし、冷え取り靴下など「冷え」に詳しい方ならご存知の綿&シルクの最強コンビ!
肌にあたる内側(絹)は通気性によって蒸れにくく、保温性にも優れ、外側(綿)が温かさを包み込んで、ふんわりと柔らかい仕上がりになっています。ちくちくしないし、着脱するときの静電気もないので、髪の毛がぼさぼさになりません。
着けて少し経っただけで、じんわりとあったかくなって、それからは首元が一番あったかいんじゃないかと思うくらいぽかぽかしています。冷えた指先もずぼっと入れて温めたりしています。




私のお気に入りは、家でも着けれるところ。
マフラーはもちろん邪魔になるし、スヌードも家の中ではもこもこしすぎて、ウールだと顔に当たったりすると気になる。この装飾がなくスッキリした形だと、邪魔にならないし、金具が付いていないので、ハイネックを着ているような感覚で、つけてることを忘れるくらい。寒がりなので、すぐに暖房に頼るところ、あったか小物でちょっとエコに、暖房のつけすぎにも貢献してくれます。
私は着けて就寝することはないのですが、うたた寝することはしばしば(笑)。朝のゴミ捨てや洗濯干しなど、寒さに耐え忍ぶ時も、ずぼっとかぶって装着。なかなか温まらない冷えた部屋でも万全です!




軽くてかさばらないし、締め付けないので、ピッタリとしたハイネックが苦手な私には、冬の救世主ということで、今年もお世話になっております。
今年は、学生服にもちょうどいいと息子に取られがちだったので、、、もう1枚追加しました!

編集担当 宮浦
 

【わたしの好きなもの】益子のビルマ汁

簡単にできる!酸味と辛味であったか鍋


「ビルマ汁」って何?
ほとんどの方は、そう思われるのでは。
栃木県益子町田町でもごく一部の地域で、家庭料理として親しまれている「ビルマ汁」。
トマトの酸味に唐辛子のピリ辛、カレーの風味が効いた旨みたっぷりのスープです。



クセになるおいしさで、夏はさっぱりと食べやすく、我が家のやみつき料理に仲間入り。
夏野菜を足して栄養アップしたスープは、何度も食卓に登場しました。
肌寒くなってきたこの頃は、さらにバージョンアップして「ビルマ汁鍋」に!



すごく簡単で、カレーのスパイスとピリ辛で身体がホカホカにあったまります。
レシピというほどではないですが、作り方のご紹介。

1. 「益子のビルマ汁」1袋と同量の水を鍋に入れる
2. 1を火にかけて温まってきたら、固形スープの素を1つ入れて溶かす
3. お好みの野菜を入れて火が通ったら出来上がり
※これで2、3人分くらい。お鍋として主役の料理にするなら2袋分で作るのがおすすめです



冷蔵庫の余り物の野菜で、だいたいのものが合います。
我が家は、キャベツ、かぼちゃ、玉ねぎ、きのこなどに鶏肉or豚肉、ソーセージがよく登場。
もともとゴロっとしたじゃがいもが入ってるので、それも具材の一つになります。。

この美味しさ、なかなかうまく伝えられないのですが、スパイシーなトマト鍋、という感じでしょうか。
とにかく会社でスタッフに実演アピールするくらい、私はビルマ汁鍋を推しています(笑)。

夕食にビルマ汁鍋を作って、朝に残りのスープをパンと一緒に食べても美味しいし、
シメにうどんを入れて夜食にしたら、テスト前の子供も満足。
いろんなタイミングでアレンジが効きます。
自分では難しい味付けをすっ飛ばして、ささっと迷わず美味しくできるのがレトルトのいいところですよね。
本場・益子でも食べてみたいなと思いを馳せながら、ぬくぬくとおうち時間を過ごしております。


編集担当 平井

【わたしの好きなもの】萬古焼の耐熱土瓶


こぽこぽと沸く音が、くつろぎ時間のはじまり

朝晩がひんやりした空気が気持ちのいい季節。
いよいよ土瓶が本格的に似合う季節でもありますね。
今までは電気ケトルでお湯を沸かしていましたが、この土瓶が来てからは、断然土瓶派に!
もちろん、買うまで迷いました。。電気ケトルは便利です。湧いたら勝手に電源が切れるし、料理の時は絶対使うからいらないなんてことはない。
それに、常に出しておく道具をもう一つ買って邪魔にならないか‥‥。

結論、買いました。
なくてもいいかもしれないけれど、あると幸せな気持ちになる。
飲む分量しか入れないのと、土瓶の保温性のおかげで意外と早くお湯が沸くので、カップやおやつを用意していると、こぽこぽとお湯の沸く音が。

夜の少し暗いキッチンで、ガスの火とこの音の雰囲気が、「さて、ゆっくりしますか」という気持ちにさせてくれます。このひとときがたまりません。




やかんほど大きくないので、キッチンを圧迫することなく、ちょこんとそこにいる感じです。
私はたっぷり飲むのでマグカップ派です。さらに2杯は欲しいので、多めに沸かします。
マグカップでたっぷり、2杯は飲みたいので、少し多めに沸かしていますが、保温性が高いおかげで2杯目も温かさが残っています。仮に冷めてしまっても、そのままコンロで温め直しができるので、とても気軽です。




夜は、ほうじ茶や番茶をよく飲んでいて、どちらも土瓶にバサッと入れてちょっと待ったら出来上がりという感じで、気軽に淹れています。
目盛りが付いているおかげで、お湯の量に関しては今までよりもちゃんと淹れることができているはず‥‥。




帰宅後の時間は1分でももったいないと、毎日がバタバタです。でも、便利な家電の中にこういうちょっと手がかかるけど、それ以上にほっとさせてくれる道具があってもいいなと、毎晩こぽこぽお湯が沸く様子を眺めています。


編集担当 今井


【わたしの好きなもの】Fabrico NEKO

猫アレルギーな私に幸せをくれたネコクッション


私は大の「生きもの」好き。
それは、共にはたらく中川政七商店の皆には周知の事実。
哺乳類・爬虫類・昆虫…  本当に、生きているものすべて愛しいのですが
特に好きなのが「もふもふ」のもの。
ふんわりとした毛並みに、やわらかな抱き心地…
そう、特に猫なんか飼えたら最高なのですがー…

悲しいかな、何と私は猫アレルギー。

直接抱っこしようものなら、目が充血し、くしゃみが出て、のども痛くなります。
それでもやはり大好きで、猫がいるお家に行く際には、事前に薬を飲んで 覚悟をして(笑)臨みます。


そんな悲しい運命を背負った私が巡り合ったのが、fabricoのNEKOクッションでした。



初見。形は、確かに可愛い。いわゆるデフォルメした猫ではなく
そこに本当に佇んでいるかのような自然なシルエットが好感的。



「でも、要するに猫型のクッションでしょう…?」とあまり期待せず触れてみると、その手触りに驚きました。
世界に誇るパイルファブリックの産地、和歌山県 高野口で作られたフェイクファー生地は
なめらかに吸い付くような触感で、大げさではなく本物の猫を撫でているよう。
裏面もしっとりとしたモケット生地で、思わずずっと触れていたくなる気持ちよさ。
「心地いい」という質感への尋常ならざるこだわりと、産地の確かな技術力を感じます。



私は家と会社にも置いてるのですが、休憩中、膝の上に乗せて撫でていると何とも幸せ。
打ち合わせなどで席を外して戻ってきたときに、
ちょこんと椅子にいるのを見ると、思わず顔がほころぶような存在感。
使っている時だけでなく 使っていない時も、それがあるという風景がまた愛らしいのです。



「いつかは猫が飼いたいけれど、今は当分これでいいかも…」
なんて思いながら、今日もひと撫で、一日を過ごしています。


編集担当 宮原

【デザイナーが話したくなる】日本の手花火

デザイナーおすすめのお家花火プログラム

毎年、夏の風物詩「花火」を手掛けている村垣さん。
日本の花火の素晴らしさをいつも熱く語ってくれるのが印象的なんです。 花火職人さんと膝を突き合わせながら、みなさんに日本の花火文化を伝えつつも 楽しんでいただける手花火を試行錯誤しながら作っています。

日本には、伝統的な夏の行事がたくさんありますが、その中でも夏を感じるイベントと言えば「花火大会」は、 はずせません。日本の花火は世界一ともいわれるほど、高い技術力を誇ります。
しかしながら、今年は花火大会は中止になってしまった現状。 とはいえ、夏を満喫したいですよね、そこでおすすめなのが、「日本の手花火」。

花火には火の種類や形の種類など違いがたくさんあり、 その美しい火花には、日本の花火文化を絶やすまいと今も伝統的な製法を守る花火職人の熱い思いが宿っています。 どれもおすすめですが、今回は花火大会のプログラムように楽しめるよう、村垣さんにおすすめの順番を 聞いてみました。



●花火大会の始まりにおすすめ!わくわくする花火
1.大輪菊:菊の花のような華やかで、繊細な火花の花火。燃焼時間が長いので、いつまでも楽しみが続きます。



2.星ススキ:流れ星があふれ出てくるような、キラキラと輝く可愛らしい花火。



●中盤の盛り上がりに!華やかな花火
3.三色柳:それぞれ異なる火花が激しく降り注ぐその姿はまるでナイアガラのようです。



●フィナーレに向けてジーンとする、芸術的な花火
4.錦糸和火:日本ではじめて作られたといわれる元祖花火。「和火」と呼ばれる赤橙色の火花は息をのむ美しさです。



5.藍色涼火:青色の火花は難しいとされる中、最後の一瞬まで美しく、目の覚める藍色の火花を散らす希少な花火。



●しめといえば!いつまでも心に残る花火
6.大江戸牡丹(線香花火):点火から燃え尽きるまでの様々な表情は起承転結に例えられる、情緒的な花火。



「それぞれの違いを1本1本見ていただきたいのはもちろんですが、国産花火ならではの繊細で美しい火花が 夏の思い出になったら、もっと嬉しいです。」と村垣さん。


毎年、村垣さんは花火を企画する際にたくさんの花火のサンプルを参考にしています。
今頃になると、そのサンプルを持って「夏の幸せ配ります~」と、にこにこしながらスタッフに 花火のおすそ分けをくれます。
その姿を見ると「夏本番ですね」と思わせてくれる、社内の夏の風物詩になっています。

【季節のしつらい便】お月見をたのしむ団子のアレンジレシピ


十五夜は中秋の名月ともいわれ、毎年旧暦8月15日(現在の9月7日~10月8日の満月の日)に行われる月見の行事です。
1年の中でも空気が澄み月がきれいに見えることから、この日に作物を供えて月を見ることが定着しました。

そのように、古来日本に伝わる歳時記を楽しんで頂きたいという想いで、親子で楽しむ歳時記体験キット「季節のしつらい便 お月見」をつくりました。


季節のしつらい便とは?
日本に伝わる年中行事を、親子で楽しめる体験キット。
「つくる」「しつらう」「つながる」体験を通して、自然と歳時記や文化を学ぶことができます。
これまで体験したことがない行事でも大丈夫。
「季節のしつらい便」が、親子で過ごす楽しいひとときを贈ります。

つくって飾ったあとには、おいしい団子を楽しみたいもの。
そこで、気軽につくれるお月見団子のアレンジレシピをご紹介します。
 

【お月見みたらし団子】


◆材料
醤油 大1
砂糖 大3
水 大3
片栗粉小2
お月見団子3個×4本
 
◆つくり方
①小鍋に調味料と水を入れ弱火にし、よくかき混ぜながら火をいれ、透明になるまで煮詰める。
②月見団子を串に刺し、グリルや焼き網、オーブントースターなどににのせて焦げ目をつける。
③できた醤油あんをかけて完成。

お団子が硬くなっている場合は、レンジなどで少し温めておくとおいしくお召し上がりいただけます。
 

【お月見団子汁(4人分)】


◆材料
ごぼう 1/2本
にんじん 1/2本
里いも 小4個
かぼちゃ 小玉1/8個
長ねぎ 1/2本
生椎茸4枚(生椎茸は乾椎茸にして、戻し汁をだしに使ってもOK)
いりこ 5尾(簡単に作る場合は、だしの素やパックだしなどでも代用OK)
水6C
お月見だんご16個
みそ 大4
 
◆つくり方
①鍋に水を入れ、いりこを入れて、沸騰したら、いりこを取り出す。
②ごぼう 、にんじん、里いも、かぼちゃ、生椎茸は食べやすい大きさに切る。
③切った野菜と椎茸を入れ、火をいれて柔らかくなるまで煮る(中弱火で15分くらい)。
④月見団子を入れ、みそを溶く。ひと煮立ちしたら、味をみて調整し、小口切りにした長ねぎを入れて火を止める。

七味やゆずごしょうをそえると香りが引き立ちます。
 
 
その他甘味なら、きなこ、黒蜜、粒あんを添えるだけでもおいしくいただけます。
今年は十五夜が10月1日と少し遅めで夜は少し肌寒い時期なので、飾っている間に硬くなってしまった時には、ゆで小豆などを活用してぜんざいにするのもおすすめです。
甘味が苦手な方には、食卓の一品として、ミートソースグラタンの具にしたり、クリームシチューの具材としても活用いただけます。
 

今年の十五夜は10月1日。
お団子をつくって飾って食べて、お月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。