【季節の手ざわり】五感で愉しむ、日本の夏

こんにちは。中川政七商店ラヂオの時間です。

本日よりスタートする「季節の手ざわり」は、月に一度、季節ごとの風習や、暮らしに取り入れたい日本の文化についてお届けいたします。
小さな音色や先人の声に耳を澄まし、暮らしを整える、そんな時間をご一緒できればと思います。

さて、水無月、じめじめとした梅雨の合間にのぞく晴れ間に、初夏の気配を感じる時期。
五感で愉しむ、心地好い日本の夏の準備、はじめてみませんか。


ナビゲーター:クリス智子
ハワイ生まれ。大学卒業時に、東京のFMラジオ局 J-WAVE でナビゲーターデビュー。現在は、同局「GOOD NEIGHBORS」(月曜〜木曜13:00〜16:00)を担当。ラジオのパーソナリティのほか、MC、ナレーション、トークイベント出演、また、エッセイ執筆、朗読、音楽、作詞なども行う。得意とするのは、暮らし、デザイン、アートの分野。幼少期より触れてきたアンティークから、最先端のデザインまで興味をもち、生活そのもの、居心地のいい空間にこだわりを持つ。ラジオにおいても、居心地、耳心地の良い時間はもちろん、その中で、常に新しいことへの探究心を共有できる場づくりを心がける。


プラットフォーム

ラヂオは7つのプラットフォームで配信しています。
お好きなプラットホームからお楽しみください。

Spotify
Apple Podcast
Google Podcasts
Voicy
Amazon Music
Castbox
YouTube


日本の夏を五感で愉しむ暮らしの道具

①癒やしを感じる「風鈴」の音色

→中川政七商店の風鈴ラインアップはこちら

②自然に学ぶ先人の眼差しから生まれた「蚊取り線香」

→関連商品はこちら

お便りを募集しています

番組内でご紹介させていただく、リスナーの皆さまからの投稿を募集しています。
「わたしの心地好い暮らしをつくる道具」をテーマに、お気に入りのアイテムや、しつらいの風景、意外な使いかたなど、皆さまの暮らしの中のこだわりや想いをお聞かせください。


次回「季節の手ざわり」は、7月15日(金)配信を予定しています。

「中川政七商店ラヂオ」では、別番組「工芸うんちく旅」も配信予定です。
こちらは、工芸好き男子二人が日本全国の工芸産地を訪ね知った工芸のうんちくを語る番組。
初回は7月1日(金)配信予定です。

お楽しみに。

裏も表も前後もないTシャツが、子育てを少し穏やかにする

近頃、娘のやる気が高まっています。

もうすぐ3歳になる娘。

「あれなに? これなに?」
と、なんでも知りたがる 期間を経て、

「あれやる!これやる!」
と、なんでもやりたがる期間に突入。

成長を感じて嬉しい反面、“なんでも”の中にはやってほしくないことも含まれていて、喜んでばかりもいられません。

「それは触っちゃだめ!」
「口にいれないで!」
「キッチンは危ないから来ちゃだめ!」
「ボールじゃないから投げないで! 」

毎日こんな調子で注意することも増え、お互いにストレスが溜まります。

また、頑張っていることを黙って見守りたいのはやまやまですが、つい横から口を出してしまい、それが娘の逆鱗に触れることもしばしば。

「自分で!自分でやるの!!」
―よし、頑張れ、頑張れ。

「できない!できない!!」
― あ、こうやった方がいいよ。

「自分で!自分で!! 」
― いや、だからこうやった方が…

「ぎゃー!!(号泣)」
― ……。

そんなこんなで楽しくも大変な子育てですが、せっかく娘のやる気が高まっているこの機会に挑戦してみたいことがありました。

それが“ひとり着替え”。

はじめての“ひとり着替え”にうってつけ。裏も表も前後もない子ども用Tシャツ


お兄ちゃんの見よう見まねで服を脱げるようにはなっていたので、そろそろ挑戦しても良いかなというタイミング。

ただ、本人は服の前後や裏表なんかがいまいち分かっておらず、それを指摘するとまた拗ねてしまうかも、というのが懸念材料でした。

そこで今回娘に着せてみたのが、「裏表がない注染Tシャツ」。

裏表がない注染Tシャツ

名前の通り、裏表がないつくりになっていて、子どもが間違えることなく脱ぎ着できることが最大の特徴です。

かわいらしい動物の絵柄は、裏表関係なく染められる「注染」という染色技術で描かれており、どちらの面も美しい仕上がりに。

裏返すと、色が反転して楽しめる


Tシャツ本体は、大阪・泉州のブランド「HONESTIES」(オネスティーズ)さんのもの。特殊な縫製技術で裏表どころか前後もなくした、「どう着ても、正しく着られる」Tシャツです。

これなら、娘の思うままに着ても失敗しない!ということでさっそくチャレンジしてみました。

成功体験をきっかけに、少し自信を持った娘

大好きな猫の絵柄

いきなりすべて自分でというのはハードルが高いため、今回はズボンと肌着は着せた状態からスタート。

「にゃんにゃん!泣いてるのかな?」

絵柄に興味津々で、良い感じ。自然とTシャツを手に取って、まずは頭を入れていきます。

いい調子!

普段なら、色々触っているうちに裏表がひっくり返ってしまったり、前後を間違えたりしてしまうのですが、なにしろ裏表前後が無いのでなんの心配もありません。

「上手~! !すごいね~!」
親バカ全開で気持ちよく応援しながら見守ります。

次は腕を入れて…
あれ?
冷静に!

予想外のミスに一瞬慌てる場面もありましたが、褒められて気分が良かったのか諦めずに自力で修正。無事に最後まで着ることができました。

着れた!

猫の絵柄が後ろに来るように着たので「にゃんにゃんがいないー! 」と泣きそうになるも、「後ろにいるよ」と教えてあげると、「後ろにいるー!」とニコニコ。

実際のところ、Tシャツを一枚着れただけではあるものの、本人にとってはとても嬉しかったようで、この日は終始ご機嫌でした。

気分を良くしたのか、突如絵本を読み聞かせてくる
終始ご機嫌です。娘はちょうど100cmくらい。サイズは90-100のものを着ました
せっかくなので、猫を前にして着なおしてみた

穏やかに見守る素晴らしさ。親にも嬉しい体験に

最初は、洗濯の際に何も考えずに洗えることが、親側の一番のメリットかなと思っていました。

それも間違いなく大きなメリットですが、実際に着せてみた後は、娘が自信を持つきっかけになったこと、それを見守れたことが何より大きかったと感じています。

「どう着てもいいんだ」という余裕が親の側にもあることで、少し間違えそうになっても余計な口出しをせず、ストレスを感じること無く見ていられました。

別日に着た「犬」バージョン


引き続きやる気に満ちている娘。今後も色々なことができるようになっていくその過程をなるべく穏やかに、娘の成長を信じて見守ることを心がけていきたいと思います。

<掲載した商品の一覧ページはこちら>
裏表がない注染Tシャツ

文・写真:白石雄太

【わたしの好きなもの】ミントスプレー

夏の必需品は、眠気覚ましにも最適!

毎年夏になると持ち歩くミントスプレー。
シュッとひと吹きしたらひんやり。冷たいものをあてて冷やすのとは違って、清涼感を与えてくれます。
私は腕の内側にかけるのがお気に入りで、真夏の汗ばむ日中に爽やかな気分にしてくれます。



そして、私にとって最大の効果を発揮してくれるのがドライブです。
車の運転が好きで、遠出をすることもしばしば。しかし休憩しながらでも長時間のドライブは疲れるもので、そういう時に首の後ろにひと吹きすると、シャキッ!!と疲れがすっきりとれる感じがします。着けた後は、じわーっとやさしい湿布をしている感覚にります。



病院や整骨院でも取り扱いのあるマッサージ用のジェルと同じ成分でつくられているので、 首から肩にかけてマッサージ用としても安心して使えます。
頭と目もすっきりして、この使い方は夏限定ではなく、仕事中にも年中お世話になっています。 ガムやコーヒーなど、いろいろなリフレッシュの方法がありますが、私にはミントスプレーが一番効果があるんです!この効果を流用して、子供の勉強中にも使ったり(笑)

最近では、マスク生活にも活用中。


除菌効果ではなく、香りでマスクが爽やかに使えたらいいなーと思って、マスクの外側に吹きかけて、揮発するのを少し待ってから着けてみると、マスクの嫌な匂いもなくなって、メントールのスッとした香りで清涼感のあるマスクに。
(※内側にかけると刺激が強いので、外側に少しずつ調整しながらお好みでご使用ください。)


手のひらサイズでバッグに入れて気軽に持ち歩けるし、今年も夏の必需品として大活躍中です!

編集担当 平井

関連商品はこちら

ミントスプレー

やわらか立体ガーゼマスク 普通サイズ

料理家・谷尻直子さんに聞いた推しの逸品。第五話「enzo の鉄中華鍋」

一流シェフが愛用する調理道具や、長年お店で道具と向き合ってきた店主が「これは」と手に取るもの。
道具を使うことに長けている各分野のプロフェッショナルが選ぶものには、どんな秘密があるのでしょうか。
中川政七商店が扱う暮らしの道具の中から、 「語りたくなる推しの逸品」 を教えていただきました。

今回は料理家の谷尻直子さんにご登場いただきます。

料理家。
「現代の日本の母の料理」をコンセプトとしたレストラン「HITOTEMA」主宰。6年間のベジタリアン経験や8人大家族で生活してきた経験を生かしてお酒に合いつつカラダの事を考えた食の提案を行う。自然食品、スパイス、薬膳を積極的に取り入れた2冊目となる著書「HITOTEMAのひとてま 第二幕」が6月17日主婦の友社より刊行。

使用していただいたのは、enzoの鉄中華鍋です。

本格的な料理を作りたい時に中華鍋はうれしい道具ですが、重くて女性の手では扱いづらいという難点があります。そこでこの鉄中華鍋は、重さを限界まで減らしているのです。軽いからあおり調理がしやすく、どなたでも本格的な調理ができるのが魅力です。

軽いから、茹でるのにもぴったりな中華鍋

この鉄中華鍋は深めにつくってあるため、炒めるだけでなく、お湯をはることもできます。谷尻さんが良いと思ったポイントは、この「炒めると茹でる」、両方が叶うというところでした。

「調理器具が重いと、お湯を捨てる時に持ち上げるのに苦労します。これはとても軽いので、茹でるのにもぴったり。ほうれん草を茹でたりアスパラを茹でたり、いろいろできそうです。

深さがあるので、汁気が多い麻婆豆腐もつくりやすかったです。焦げ付きにくい印象があるので、鉄鍋初心者にもおすすめできる調理道具だと思いました。これにあと専用の網とフタがあれば無敵ですね」

「また、水を入れて蒸らす料理にも向いているのではないでしょうか。例えば焼きそばとか。茹でると炒めるをひとつの道具でできるので洗い物も減り、便利です。

形がスタイリッシュなので、そのままテーブルに出せそうなところも、温かくおいしいまま食べられて良いですね」

谷尻さんが選んだのは、調理と食卓の両方で使える道具や、ひとつあれば様々な料理をつくることができる便利な道具たちでした。

洋服や調理道具、そしてインテリアの色もできるだけ絞り、考える手間を省いているそうです。

そうやって生み出された時間で、大好きなキャンプに行ったりスキーに行ったりと、目一杯楽しい日々を送っていらっしゃいます。

それはひと手間しか掛けないことで心地好さやおいしさを生み出したいという、谷尻さんの料理家としての想いにも、通じているように思いました。

<掲載商品>
enzo 鉄中華鍋 26cm

<関連特集>

<関連記事>
谷尻直子さんインタビュー記事はこちら

文・写真:齋藤萌

料理家・谷尻直子さんに聞いた推しの逸品。第四話「THE TOOTHGEL」

一流シェフが愛用する調理道具や、長年お店で道具と向き合ってきた店主が「これは」と手に取るもの。
道具を使うことに長けている各分野のプロフェッショナルが選ぶものには、どんな秘密があるのでしょうか。
中川政七商店が扱う暮らしの道具の中から、 「語りたくなる推しの逸品」 を教えていただきました。

今回は料理家の谷尻直子さんにご登場いただきます。

料理家。
「現代の日本の母の料理」をコンセプトとしたレストラン「HITOTEMA」主宰。6年間のベジタリアン経験や8人大家族で生活してきた経験を生かしてお酒に合いつつカラダの事を考えた食の提案を行う。自然食品、スパイス、薬膳を積極的に取り入れた2冊目となる著書「HITOTEMAのひとてま 第二幕」が6月17日主婦の友社より刊行。

使用していただいたのは、“最適”と暮らすを掲げ、定番品を生み出すことを目指すブランド「THE」の「THE TOOTHGEL」。天然由来成分99%の歯磨き剤です。

天然由来成分でつくられていながら殺菌作用を持っているものが市場になかなかないことから、この歯磨き剤は生まれました。

「THE TOOTHGEL」は、ヒバから抽出されるヒノキチオールという成分を配合しています。この成分は殺菌作用と歯茎を引き締める効果を持っており、歯周病や口臭を防ぐのにも役立つのです。

殺菌成分以外は極力配合しない歯みがき剤を目指したため、半透明かつジェル状のテクスチャーをした、少し変わった歯磨き剤です。

料理人にとって舌は商売道具。ケミカルなものには気をつけています

料理人である谷尻さんにとって、味覚はとても大切なものです。そのため口に含むものにとても気を遣っているそう。

「ケミカルなものを食べてしまうと味がわからなくなってしまうので、化学調味料などをできるだけ口に入れないように気をつけています。

なので歯磨き粉の成分もこだわって選びたい。

これは天然由来の成分でつくられているので、安心して使えますね。着色料を使っていない点も、余計な成分が歯に残らず、良いなと思えた点でした」

成分と使い心地、ちょうど良い塩梅を探りたい

成分が天然由来のものも、市場にはだいぶ出回るようになりました。谷尻さんは以前、添加物などが入っていない泥からつくられた歯磨き粉を使用していたそうです。けれど現在は使っていないそう。その理由もお聞きしました。

「友人に勧められて使ってみたんです。確かに成分はシンプルで安心できたのですが、使い心地が少し私には合わないかもなと思いました。

私の場合は泡立ちと、わかりやすいスッキリ感は欲しいんです。THE TOOTHGELは控えめではありますが、適度に泡立ちますね。あと優しいミントの清涼感もあります」

極力環境にも自分自身にも優しいものを使いたいと考えながらも、塩梅を見極めるのも大切なのではないかと、谷尻さんは語ります。

「なるべく『抜く』ことで心地好さが生まれないか、常に考えています。例えば食器や調理道具を洗う時も、そもそも洗剤が必要なのか、洗浄力はどれぐらい必要なのかを一巡り考えるんです。

使わないか、もしくは環境に優しいものを使いたいのですが、どうしても洗浄力が足りない時があるんですね。心地好く暮らして行くためには、清潔であることもとても大切です。

なので場合場合によって使い分け、バランスを取るようにしています」

現在はホワイトニングやむし歯予防など、さまざまな目的の歯磨き粉が出回っています。

「THE TOOTHGEL」は体に良いものを選びたく、かつ使い心地にマイルドでも爽快感を求める方に、ぴったりなのかもしれません。

次回は、「鉄中華鍋」についてお話いただきます。
お楽しみに。

<掲載商品>
THE TOOTHGEL

<関連特集>

<関連記事>
谷尻直子さんインタビュー記事はこちら

文・写真:齋藤萌

【わたしの好きなもの】梅雨時の体調を整える道具

気持ちの良い五月晴れの日もあれば、雨が降ったりやんだりの日もあって、この時期から梅雨に向けて、気圧の変化で体調が優れない日があります。湿気で体が重く感じたり、頭痛に気持ちが浮かない日もちらほら。
しかし、毎年やってくる体調不良に負けるわけにはいかない!と、自分なりに気持ちを切り替える生活を心がけるようにしています。

めまいや頭痛がでそうな雰囲気を察知したら、耳のまわりの血行をよくすると良いと聞いたので、ゆっくり耳を上下や横に引っ張ったり回したり。
温めるのも気持ちがよいので、小豆のネックピローも活躍します。首元から耳の下あたりまであたるようにすると、じんわり気持ちがいいのです。

もう一つ気に入っている温めグッズが「お顔の蒸しタオル」です。
すっぽり顔を覆うサイズ感で、耳付近まで覆ってくれるので「ほわぁー」っと声が漏れる気持ちよさです。

パイル地とガーゼの両面どちらでを顔に当ててもよいのですが、私は断然ガーゼ派です!ふかふかしていて、やわらかく包まれている感じがリラックスさせてくれるんです。
もちろん、マスク生活でなんだかガサガサしているお肌の調子は整うし、夏のお風呂上がりは冷蔵庫で冷やしておいて、冷感マスクを楽しんでいます。

体全体も重く感じる日は、首、肩から、ふくらはぎなどマッサージしてあげたり、ストレッチしたり。

毎日バタバタと忙しくできるのも、元気だからこそ!と思って、こういう季節は、いつもより少しだけ自分へ時間をかけるようにしています。

編集担当者
今井

関連商品はこちら

お顔の蒸しタオル
小豆の温熱ネックピロー
そろばん屋のほぐしローラー